1. Top » 
  2. XBライブアーケード » 
  3. ■「Child of Light」/XBLA/RPG

■「Child of Light」/XBLA/RPG

20140825col

サイドビューのRPG。戦闘は敵シンボルに接触してからのコマンド式。

児童文学をそのままRPGにした世界観で終始素敵。絵本の世界をそのまま闊歩出来る楽しさがあった。主役は自分で一人称視点ってのが洋ゲーへの印象だが、これはかなりの和風感覚のRPGで、昔ながらのファンタジーを堪能出来た。

RPGで一通り揃えてあるようなエリアで構成されていないってのも何か個人的に良かった。砂漠とか普通あるでしょ。投資がどうだの言いまくってるネズミがいる地域とか独特なノリで面白かった。

戦闘はシンボルエンカウント方式なので、面倒なら幾らでも回避出来る。ただ、あんまり戦わずに進めていると流石にレベルが低くてツラくなるかも。それは分かっていたのに自分は逃げまくっていたな。先のエリアに進んでからレベル上げしよう、なんて考えて。戦闘はオキュライなる宝石を装備するコトで、武器等に特定の属性を付加出来る。これを駆使してボスの弱点を付くようにすれば、そんなにレベル上げに勤しまなくても良いかも。

実績的にもラクな部類。和製RPGの実績は面倒なものが多いが、こういうのを見習って欲しい。一応、手記集めなる収集系がちょっとだけ面倒かも知れないかな。自分は手記を集めきってないままラスボス戦に突入してしまい、どうしようかと思って一応ラスボス戦で逃げるを選択したら逃げれてビビった(その後ラスボスには上の画像の位置から挑めるし、その際オキュライを変更出来る)。尚、ラスボスを倒してからも手記集めや未達成の依頼関連は出来るみたい。

とても面白かったです。このゲームはoneでもプレイする予定。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR