1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 41号/2014年

■週刊少年チャンピオン感想 41号/2014年

■刃牙道
勇次郎が刃牙にジャブを語る過去。勇次郎が丸くなる現象は過去にも及んでおり、軽く冗談っぽいコトまで言っている。それよりも、ボクシングのジャブこそ最速という常識の枠内の話を勇次郎が語っているのが面白い。ジャブだの近代格闘だのそういうの愚弄しそうじゃん。

武蔵、刃牙のジャブを食らう。しかも10秒程朦朧としていた模様。軽く弱体化の兆しを見せている武蔵、ここをどう乗り切るのか。『お』『ほう』だのジャブを食らった体感を味わっているっぽいので余裕はありそうだ。

少なくとももうジャブは通用しなくなったんじゃないかなー。勇次郎をもってして分かってても食らうと言わせたジャブすら、分かっていたら食らわないぐらいにはなりそう。

『作者負傷のため次号休載いたします』
負傷て。巻末コメントによると骨折。どんな生活しているのさ。

■毎度!浦安鉄筋家族
ジブジブという効果音に笑った。ていうかパン屋で黄昏れているページでアウト感甚だしくて笑った。

■魔法少女・オブ・ジ・エンド
性欲の塊ポリスを本誌出張外伝の主人公に据える作者の根性。

■極悪バンビーナ!
秋元さんは美少女モードが切れると縮む模様。縮むってのが漫画内でのデフォルメ描写ではなく、物理的だった。どっちにしろ可愛いので分かり難い。

■いきいきごんぼZ
導入のバカバカしさが素晴らしい。作品として行き詰まるという表現も良い(何かのパロかも知れんが)。

■最強少女さゆり
新キャラの小堺良い。手だけで一話持たせるとは。

■喧嘩村
ゆるきゃらこぶっしーの猛攻を凌ぎきる主人公。こぶっしー、増長天公認だけあってババアや女将を遥かに超える強さであった。増長天の名を出さなければ主人公が謎パワーで復活するコトもなかった。

主人公が手にしてる写真、何気に家族関係分からないな。主人公を抱きかかえているのは姉? そしてガタイのいいのが母親? 増長天はどれなんだろう。「いよいよだぜ みんな」なんて言ってるから、家族の仇なのかな。

■思春鬼のふたり
この漫画サイコパスよく出てくるけど、どうにもベタでそれっぽいだけの狂人止まりなんだよなあ。権威を盾にした未成年みたいな心底嫌らしい犯罪者、あの手の悪役がまた見たいな。

■木曜日のフルット
何かエロかった。最後の2コマえらいエロかった。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR