1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 44号/2014年

■週刊少年ジャンプ感想 44号/2014年

■NARUTO
オビトやマダラの末路を知って尚革命を起こすと言ってるサスケは彼ら以上のアイデアを持っているんだろうか。

不安もあるラストバトルだけど、初期からのライバルが最後までライバルで居続けたってのは、良いと思う。

■Sporting Salt
メジャーなテニスなのに部員が四名しかいないスポーツ名門校ってどういうコトなの。これでカバディ部とかに150人ぐらい部員いたら面白いんですけど。

医療を拡大解釈してハッタリかましているであろう話作り、これ板垣漫画だったらもっと面白いんだろうなあ。

■暗殺教室
死神は自分の親を暗殺者が瞬殺したのを目撃して自分も殺し屋になったと語る。その殺し屋は子供に目撃されているの気付いていたんだろうか。目撃者残してるってコトじゃん。

死神の切り札を事前に予測しててのフェイク血液は面白かった。そこからの死神の凋落っぷりは痛ましい。金的でダメージ食らうなよ。顔の皮剥ぐぐらいの人間なんだし、急所の睾丸ぐらい摘出しておけよ。

■火ノ丸相撲
この作品に時事パロは無いだろうが、どうしても任天堂の倒し方を思い出しちゃう台詞。

■食戟のソーマ
ゆきひーランドとランブルローズじゃあ、僕の満足度は後者だったな。

美作が筑前煮をトレース出来なかったのは納得行かないぞ。調理が始まってからも組み立て続けてたとか言われても、オリーブオイルも同様に調理中に辿り着いた発想だったろ。

■ジュウドウズ
10メートルの崖から落下してきてノーダメージの解体者・工藤権左を前座に、ギザギザ歯の男・暴狗・岩田我治が登場。どいつもこいつも村の祖である田中柔蔵の系譜にあるのがちょっと掘り下げ/盛り上がりに欠けるような気もするが、今後もこんな感じなんだろうか。

田中さんが凄すぎてオンリーワンな存在だったから、田中さんのライバルだったキャラの系譜が出てきても微妙だしなあ。

■トリコ
茂松が無限釘パンチの衝撃で延々と飛んでいく姿は面白い。取ってつけたような改心をして食われて消滅。

裏の世界(チャンネル)などという謎ワードが登場。どんどん世界がエスカレートしていくな。アカシアの食材、4つ目ぐらいの頃にはヘラクレスが雑魚になってそう。

■BLEACH
岩鷲は戦力として何かの足しになるの? というかそれを言うなら初期から出ているけど中途半端なチャドも井上も該当するか。

「言葉足らずでゴメンらろ」
ワインダーの人、説明不足を謝罪しているが、そもそも説明しちゃダメだろ。ていうか影から出てこなければ倒されるコトもなかっただろ。ってブリーチの様式美に突っ込む自分が無粋か。

■テラフォーマーズ
この作品がいつから始まったのか知らないんだが、冒頭のバキっぷりを見ると、シャドーカマキリを具体的にしてみよう的な着想でスタートした作品なんじゃないかと疑ってしまう。

二回に分けて大量に人間サイドのキャラが出てきたが、この連中は皆本編で活躍しているんだろうか。本命くさい二陣が登場した時は、それまで出てきた連中はこの出張読み切り用に用意した前座の雑魚かと思った。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR