1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 46号/2014年

■週刊少年チャンピオン感想 46号/2014年

■刃牙道
武蔵の強さを反芻する刃牙。清々しいまでに敗北を受け入れている。5秒前の反応など戦国の世の一流は誰もが常備。液体を超えた気体化のゴキブリダッシュはまだ破れてないけど、ジャブが敗れたのと同様に5秒前で対応されちゃうのかな。敗北した上にやけに戦いに積極的になっている。

『時代が…法則が…神が…俺が…人類最強を決定ようとしている!!!』
「俺が」ってのは何様感激しいが、自分が勝つにも負けるにも納得できる決着ってコトか。第三者の戦いにしても、「気に入らない勝ち方だ」なんて思わない強さを見せつけられたい的な。

最後のコマは日本人メンツの中にこっそり紛れている烈も気になるが、本部のラスボス感も気になる。ラスボス感と同時に、スペース空いてたのでテキトーに埋めました感もあるが。

これはピクルも含めて最大トーナメント来て欲しいなあ。

■実は私は
どうもこの作者のギャグが合わないかも知れない、と思い始めている。僕は世間で評価の高いブリーチのギャグ挿話もあんま面白いと思わない。そんな人間の意見。

■ジョギリ屋ジョーがやって来る
救いをちらっと見せたトコロで突き落とすえぐさが良かった。

■チカカラチカ
本編よりもらいなさんの感想に笑った。チカツーのどこに共感したのさ。勝手にクエやれな対応されてて、誰も自分に興味を持たない点?

■喧嘩村
完全敗北した増長天が先に治ってるってどういうコトなの。

■最強少女さゆり
そういやこのウサギは露出が低いほどエロい民族だっけ。寒いのに着こめないって、難儀な種族だ。この漫画って初期から読んでるはずなのに未だに設定や目的が分かってないが、日常系になりつつあるので分からなくてもいいや。

■出歯の女の子
「鈴木優太ワールド全開」という紹介に何か笑った。荒木飛呂彦ワールド全開でしょ。

今回はオチ自体は分かりやすいものだったが、毎度設定が面白い。これだけのクオリティの短編をポンポン出せるのなら連載で読みたいぐらい。

■いきいきごんぼZ
本編よりもらいなさんの感想に笑った。モンハン連中に僕は含まれていませんよね!

■木曜日のフルット
本当にネコを飼うとこれぐらい掃除しないで済むようになるのだろうか。ネコという立体型ルンバを手に入れる為なら、体を売ってもいい。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR