1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 49号/2014年

■週刊少年ジャンプ感想 49号/2014年

■食戟のソーマ
アニメ化記念で見開き扉もアニメっぽい彩色。アニメでは色々アレンジされてしまうんだろうか。初期は趣が異なるからなー。食欲=性欲みたいな描写だった。

二人上がってきての三つ巴決勝に創真は異存がない様子。決勝はサンマ。塩焼き以外の旨いサンマは知らない。調理そのものよりもサンマを絡めたリアクションに期待。サンマでどう脱がす。

デリシャス人気投票、実食リアクションなのか。これは未だにわーん(椀)のインパクトが強いなあ。あの頃はセクシーリアクションが予定通り公開されていた時期だからなあ。今はギャグリアクションもあるので初期のノリで単行本集めるのを決意した男子中高生を裏切りまくりでしょうな。

■NARUTO
前回映画のサクラは公開されているんだろうか、されてなきゃ死んでもオッケー等と書いたが普通に公開しているではないか。ちょっくら短髪になってて。サクラを殺して空気ヒロインから伝説のヒロイン化させて欲しかったというのに。

ナルトとサスケの戦いに決着。出血多量でも死なない忍法が発動していた模様。腕がもげたぐらいではあまりインパクトがないが、二人で欠如したものを補完し合う関係になる象徴だろうか。

初期からのライバルサスケを最後までライバル、ラスボスにした構成は素晴らしいと思います。連載当初はまだまだ敵がエスカレートしていくタイプのバトル漫画が全盛の時代であっただろうに。

■暗殺教室
渚の能力は確かに何にでも応用効きそう。万引き捜査官とか。ていうかダイレクトに暗殺者ハンターでいいじゃん。

母親はまだ完全には納得していない模様であるが、今後再登場する余地はあるのだろうか。あと前回の足跡は結局何だったんだろう。今回の殺し屋が下調べしてたであろう足跡?

■トリコ
サンドリコも読者投稿作品だったのか。これただのパックンフラワーだよ。そんなパックンフラワーの花粉で全滅しかけるトリコ一行はどうなの。バンビーナ討伐以前の話だよ。

猿ども、頭から真っ逆さまに地面に突き刺さって全滅。オリンポス十六神・一輪車のアキレスの仕業かと思ったら自害。どうやったらあんな自害が出来るんだよ。

猿と交流を深めるトリコが実に島袋漫画らしい。小松を連れて行くと言い出したトリコは正気を疑ったが今回のは何とか許容。小松連行もその内ストーリー上必要だったと思わせてくれると信じている。

■火ノ丸相撲
『土俵上で手を抜く事を教えるくらいなら… 息子は二度と学生の試合には出さん』
これは良い親父上げな台詞。この漫画、結構どいつもこいつも台詞回しがカッコイイ。たまに任天堂の倒し方みたいなヤツもいるが。

チヒロには頑張って欲しい。久世に対して付け入る余地があるとしたら、ブランクだろうか。

■娘入り箱
めだかコンビの読み切り。西尾維新は以前2作品分の恋愛読み切りの原作を担当していたが、こういう路線が本命だったりするんだろうか。スマートに恋愛物で、往年のちょこちょこした捻りが薄かった。

■ジュウドウズ
戦うのは満月限定であったか。てっきり連日連戦かと思っていたが、これなら大抵の重症は治る。第二夜は戸賀歩武との戦いがメインになる様子。強敵をクローズアップして集中的にその相手との戦いを見せようとするのは良い。

戸賀は360度から同時に襲われても対処可能な技量を持っているようで、それが何なのか読者に興味を持たせる展開。足払いがすさまじいのかなーと思ったが、矢にも対応しているからなー。

■BLEACH
「俺達は一体何だったんだ!!!」
全くだ。読者にも分からないし、きっと作者にも分からない。

星十字騎士団に露骨な処理が入ってしまった。モヒカンとか頑張っていたのにこの扱いは酷い。そして、アメコミやスナイパーはともかく、致死量の人まで復活するのか。反省して次は無言で戦って欲しい。無言で酸素や光での致死量変化させればわからん殺し完了。

■三ツ首コンドル
良い最終回であった。孤独に陥ったスーが数年の後仲間を集め慕われている姿が良い。これまでのキャラクター総登場でどいつもこいつも微笑ましい。単行本は全3巻なのか。全1巻なら買っていたかも。それぐらいラストの纏まりに感動した。

■磯部磯兵衛物語
人妻物というジャンルに手を出す磯兵衛、どんどんこじらせている。人妻の良さがわからん自分だがこのチャレンジ精神は応援したい。潜在的に寝取り嗜好も含まれているのだろうか。なら分からなくても当然だ。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR