1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 52号/2014年

■週刊少年チャンピオン感想 52号/2014年

■ベルリンは鐘
4Cと巻末に掲載。カラー分は漫画の体裁を逆手に取ってて関心した。ビリヤードの玉とか気付けない仕込みだったな。それにしてもパルプンテ系って。パルプンテもそれだけでニュアンスが分かるぐらいの単語になっているのね。

■Gメン
予想していた程いきいきごんぼの互換じゃなかった。どっちかと言うとヤンキー漫画の系譜に見える。無駄に殴りまくってて笑った。オタクな人もG組なのか。それなりに頭良さそうなのにどうして。脳の容量性欲に全振りしているのか?

■毎度!浦安鉄筋家族
一人相撲の話。このタイプのネタは、作者の執拗な描写も相俟って面白い。

■刃牙道
イメージでの斬撃は所詮イメージというのを早くも消化してきたのは良い。エアで相手をやり込めるってのは、傍から見たらどげせんみたいな話だからな。今回の独歩は拝の土下座に対して「だから何?」と言い出したようなもので、一歩切り開いてくれた。

滑稽だと笑い出す武蔵はちょっと違和感。武蔵は相手のスタンスがどんだけ駄目に映ってても自分の思想は押し付けない系統になるのかな、と思っていたからなあ。この嘲笑挑発なノリは勇次郎に近い。勇次郎とはまた別のタイプの強者を作っていくのかと思っていたので軽くショック。結局勇次郎系しか強者を描けないのかという疑念。まあ、次回いきなり「独歩さん、済まなかった」だの言い出すかも知れないので分からん。

ヒキ、これは独歩の足切断だろうか。で、凄い剣術なのであっさり接合出来ましたみたいな流れで。もしくは独歩の首斬ってもいいんじゃないかな。凄い剣術なので首すら接合出来ます。頭がずれないように押さえて闇医者の処に行く独歩。

接合出来なくても、クローンで再生出来るんだよな。次に独歩が目覚めた時は、老婆が自分にキスをしている最中。

■兄妹
マーニーだったら一話に収めていた話を2・3話に分けて描くようになったのかな?等と思ったりもしたが早計、もう少し様子見しよう。今回に関してはもう一回ひっくり返ってやっぱ兄がおかしい人でしたーというオチを希望。折角の友達なんだし、蛍の学園生活を充実させてあげてよ。

■辻浦さんとチュパカブラ
ヘビメタの人、一話以来の再登場。前回の段階でもそうだったが、悪い人じゃない。最終的に人質毛布被って寝てるし。辻浦さんは何か狙いがあって(無駄に時間引き伸ばして疲弊させる等)朝まで回収しなかったのかと思ったが、普通に放置するか助けにいくか葛藤していただけなのかな。

■ハリガネサービス
地味主人公が規格外のスキルで活躍する展開は熱い。溜めが長かっただけにそのカタルシスも並ならぬものがある。

■黒虎
例の四人組は反乱分子ラプラスタだった様子。シルエットだけでキャラの見分けが付くぐらいメリハリのある造形ってのは良いな。

アスワンが強いんだか弱いんだか分からないんだが、町中だったので動揺していただけかな。マイクロビキニはそのナリだけではなく目隠しもしてるのでただのドMなのかも知れない。フードの男は虎鉄を知る者。兄? 兄がどんな顔だったかもう覚えていない自分。

■ウチコミ!!
これも次回で最終回なのか。先生の過去からの容姿の変貌、美に執着する軟体キャラ等、部分的に記憶に残っている漫画ではある。

■いきいきごんぼZ
単行本最終巻発売で1ページ割いているが、チャンピオンコミックスは途中で単行本が出なくなるコトもあるという生々しい話を以前チャンピオニストから伺っていたので、作者にとっても読者にとっても朗報なんだろう。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR