1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 4+5号/2015年

■週刊少年ジャンプ感想 4+5号/2015年

カラーやおまけページが無駄に充実している気がするんだが、電子版との差別化を図っているのかコレ。広告が増えているだけという気分が自分としては強いのでそんなに紙媒体優勢という気分にもならないが。

■ONE PIECE
人気投票、中々にカオスな結果。ローとバルトロメオの高さが意外だ。ローはまだ何か分かるよ。ゾロのコンパチ的なカッコ良さがあるからさ。だがバルトロメオは予想外にも程がある。これで筆が滑って麦わら海賊団に入らないかなーと一瞬妄想してみたが、準レギュラーはノリで活躍させても根幹的な部分はきっちり決めてそうな作者なのでそれはないだろうなあ。

本編、ベビー5絡みの話で終始面白かった。小気味良く幹部も二人片付いた。ベビー5、度し難い勘違いキャラなのに、便利という言葉には反応するんだ。ラオGも、筋肉を積み立てるとか不可解な能力が一話限りで終わってて清々しく出し切った。次の扉絵連載はウホリシアかな。

キングパンチに対してゾロがとっておけとか言ってるのも良い。ピーカ戦のフィニッシュ、ゾロとエリザベローが一緒に決めてくれそうだ。

■暗殺教室
テストをゲーム的なビジュアルで描くのは面白い。以前もこんな描写でテストやっていたけど、今回はそれっぽさがパワーアップしている。漸化式のオメガ感とか良い。

■僕のヒーローアカデミア
18禁ヒーローのミッドナイトはどうなってるのコレ。初登場した時はレオタード的なものかと思っていたけど、素肌臭い絵じゃないか。描いていないだけで劇中では丸出しなんだろうか。

■火ノ丸相撲
相手をいたわる、というのはこれまで伏せていたので読者に敗北理由として予想させるニセアンサーだったんだろうか。そんな予想すら自分は出来なかったよ。実力的に草介が上だけど、どうしても潮勝利だろうと思っている。負けない主人公の漫画を久々に読みたいと思っている。

■食戟のソーマ
読んでてどっちが美味いんだろうかとイメージ出来ない対決であるが、審査員のリアクション絵の力の入れようから葉山が有利なのかコレ。黒木場が目を見開いてキレ気味なコマもまた葉山優勢と思っていいんだろうか。ここでそのキレ方はどうなのよという分からなさもある。

■学糾法廷
割りと普通に物理トリック仕掛けてきててビビった。撮影時期が半年一年違う云々のトリックがくるかと思っていたよ。アイドルの微妙なバストサイズの変化とかでそれが暴かれる展開。小学生だから半年一年でもガンガン成長しそうであるが。

小学生ならではのみみっちい動機は予想し難くて新鮮に思えなくもないが、読後感が微妙な気持ちになるなあ。真剣に付き合わなくても良い漫画かも知れぬ。

■E-ROBOT
理由はわからないんだけど、普段に増して渡邉築先生の作品かと錯覚する話だった。

新キャラとしてハンサムロボ追加。無難というかクリーンな新キャラという印象。女ロボに対する男ロボ、じゃなくてさ、そこは少年向け作品として対比は対比でも、恥じらいを持たない、学術的見地からナチュラルに変態行為に走る女ロボを追加すべきでしょう。

■トリコ
師範で50匹。随分控え目な数字だった。猿王で一気にエスカレートするんだろうか。お手玉抜きにしても、もう猿王は規格外というのが十二分に伝わってくる。一瞬の怒気で走馬灯だなんて。以前も書いたけど、八王は倒せるようなレベルじゃないので、格上にどうにか一瞬でも認めてもらう話になりそう。自分の遊び相手になろうと一生懸命になっているちっぽけな人間の気持ちに打たれて金玉献上するバンビーナでいいじゃん。

■磯部磯兵衛物語
今号は磯兵衛が四本載ってた気分だよ。流行語大賞がやたら面白かった。

ソーマパロは周囲の期待に応えるために磯兵衛絵でやるしかないのね。この作者、全く毛色の違う漫画も描いてたのに。いや…磯兵衛絵じゃないとこの面白味は出ないので正解っちゃあ正解だが、切ない。

■BLEACH
目を瞑っていた云々に納得出来ないものがあったが、目を開く=黒目部分増加なのか。そういや霊王もこんな目じゃなかったっけ?

知った力は自分に味方する+未来予知で戦わずとも相手の力は知れる、オールマイティはそんな無敵の重ねがけ。打つ手なしだよこんなの。「味方する」「倒すことはおろか傷つけることすら出来ない」、この辺を強引に使えば「封印」ぐらいは出来るんだろうか。オールマイティが死ぬより封印されても別にいいやと判断するような力でどうにか。

■ジュウドウズ
免除なる設定追加で隠されていた強キャラ10人が追加。王屋十折。既にまとめに入っていると思ったトコロで10人は多い。この前フリで登場したこやつらを瞬殺で兄とじっくりラストバトルになるのかなあ。

掬いの人が雑魚臭いのに強いってのは良かった。ていうか王屋主水の配下の面々、ラストの見開きだけでどれもこれも魅力的に見えてきたんだが、ちょっとづつ主人公にぶつける予定のキャラとして作成&温存していたのかなあ。そこもまた切ない。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR