1. Top » 
  2. 漫画 » 
  3. ■押切蓮介「おばけのおやつ」/太田出版

■押切蓮介「おばけのおやつ」/太田出版



全く統一感の無い作品集。ピコピコ少年もあれば猫背を伸ばしてっぽい都内巡りもあるし、焔の眼みたいなノリの魔王が出てくる大ゴマ多めの作品もある。そういう意味では押切蓮介入門書と言ってもいい…ワケでもないなコレは。掻き集めた印象。

描き下ろし作品が半数を占めているのにも驚く。単行本を出せるのが嬉しくてそんなに描き下ろしたんだろうか。

「一体何故!校長が私を襲う!!」がシュール過ぎて面白い。展開と台詞があまりにも出鱈目で、導入から戸惑う。最初に予定していたネームが普通過ぎたので無理矢理台詞を変更したんじゃないかと疑うレベルで出鱈目過ぎる。

「ギガナイフ」「密室オバケ」は今と画風が違い過ぎて作者名伏せられたら押切蓮介と気付け無いかも。どちらも読感は微妙であったが、駆け出しの頃はこんな感じだったのかと感慨深い。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR