1. Top » 
  2. 漫画 » 
  3. ■みやたけし「はしれ走」全11巻/少年サンデーコミックス

■みやたけし「はしれ走」全11巻/少年サンデーコミックス



小学五年生の山下走がサッカーに興味を持ち、チームを編成し、ライバル達と戦っていく話。

絵が良い。今の時代に照らすと古びてはいるが、それでも上手い。ギャグ絵とシリアス絵のバランスが好み。コマ全体に全身を入れるのが常とされてた時代なのかな、頭身低めのギャグモードで頭から足まで描かれていて、デフォルメが上手い。多くの人がドクタースランプに感じていた絵の魅力を僕はこの作品に感じていた。

キャラが良い。性格や能力が散らされていてビジュアル的にも分かりやすい。大河内もモンタも素敵過ぎる。ライバルチーム1つにつき1キャラぐらいしか目立つ特徴のキャラはいないのが物足りなくも感じるが、これはこれで物語のテンポを良くしているのでアリ。1チーム3キャラぐらいにしたらアイシールドみたいになって益々面白くなりそうではあるが、全11巻、スピードやコンパクトさが生まれているのでこれでも問題なし。

試合も面白い。攻防も熱いし、クドくならないようにダイジェストするトコロはする。演出としても、1秒1ページというカウントダウンがあったり挑戦的。ただ、各所にリアルのルールだと反則なんじゃないのと思わせる部分もある。

ラストがややあっさり目だが、二回目の大会決着まで描かれているし、あの終わり方で過不足は無いと感じる。駆け抜けた青春。

主人公の走は典型的な少年漫画の主人公で、「諦めない」「それでも勝つ」みたいな主張をしまくり、今の自分だとうざったいと思いそうなんだけど案外平気だった。思い出補正故というのもあるが、走の「諦めない」は言いっぱなしではなくその後率先して頑張るので応援したくなるんだろう。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR