1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 28号/2015年

■週刊少年ジャンプ感想 28号/2015年

■トリコ
鯨王ムーン。海の王は無難にクジラに。見た目も月のようで周囲をブラックホールのように吸い込む模様。これもまた更に極限設定が描かれるんだろうなあ。

他のエリアへ向かうチーム編成も決まる。ライブベアラーがどうしても気になる。選ばれるんだこの人。二人組が向かう先はどんな配分で描かれるんだろう。一組4話ぐらいかけても猿が猿だっただけに脅威が伝わりにくいんじゃないかのう。

■暗殺教室
茅野、これからどういうキャラになるんだろう。キャピキャピ陽性が演技だったんだし、ナチュラルにちょっと冷めた感じになるのかなあ。今回の赤面悶絶は例外として。キス如きでここまでノックダウンされていると、長期に亘って激痛に耐え忍んできた行為があんま大したことなかったんじゃないのと思えてくる。渚が凄いんだと納得するか。

治療したいという提案は反対案が出る前フリであった。何だかんだで治療出来るんじゃないのか。シロに「あのタコを弱体化させよう」とか言い寄れば治す方法考えてくれそう。

■ONE PIECE
一発KO宣言。ベラミーとの決着めいたものを被せる演出になるんだろうか。

ギャッツが場を盛り上げて最終決戦に。ギャッツみたいなキャラにこんな活躍の場を与えるのも新鮮だし、こういうクライマックスは面白い。

■食戟のソーマ
久々にもこっちが見れたので満足。

■NARUTO外伝
サクラの唐突な登場は意表を突かれて面白かった。が、何か早くも読んでて状況が分からなくなってきてしまった。

■笑いの神々 最終回
トリコ7周年でギャグ読み切りを描くという謎行為。ギャグ漫画描きたい欲が溜まってたんだろうか。

■レディ・ジャスティス
新キャラ投入だが、どう使うんだこの人達。妹さんはサービス要員にされちゃったりするの?

今後はひたすら頭の中で脱がされる系になるのかと思っていたら、衣装がそんな完全に頑丈というワケでもなく、余裕で破けていて驚く。

■火ノ丸相撲
沙田はそういやヘラヘラ笑っててそれを潮に咎められていた過去があったな。それを上塗りしてくるこの演出は良い。焦り等の負の感情によるパワーアップというのもリアルで良いな。綺麗事じゃない部分を漫画的にギリギリ綺麗事に落としこんでいるのが素敵。

■BLEACH
剣八とマユリというのは頼もしさマックスチームだ。いやここに藍染も欲しいトコロだが。ていうか剣八なんつー最高戦力を連れて行くのを忘れるってどうなの。

■磯部磯兵衛物語
母上の能力が規格外過ぎる。僕はトリコでこういうネタが出ると以前思っていた。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR