1. Top » 
  2. 漫画 » 
  3. ■山内雪奈生「バキ外伝 疵面(原作:板垣恵介)」6巻/チャンピオンREDコミックス

■山内雪奈生「バキ外伝 疵面(原作:板垣恵介)」6巻/チャンピオンREDコミックス



グランド・マスターVSレックス続行。グランド・マスターがレックスの謎が解けたと言ってからリアル時間で随分過ぎた。そしてGMが出した解答とは、目の前の男(レックス)は神の嫡男ことジャック・ハンマー。作者、花山学生漫画でギャグめいた展開を覚えたからね。行き詰まってもギャグで乗りきれるってのを覚えたからね。この流れはアリです。このアンサーは即座に周囲に否定されるも面白かった。

レックスがやたら強く、GMが演技でも何でもなく劣勢になっている。しかしGMは筋肉を抑える薬が切れてきて、真の力を発揮し始める。絵面もちょっと変化しているが、さほどインパクトは無い。

一方で、マスター国松が花山に毒矢を放つ。花山、握撃で自身の手を破裂させて毒抜き敢行。克巳の自爆マッハを彷彿させる中々とんでもないビジュアルで、作者結構吹っ切れてきたんじゃないのと感じる。吹っ切れていたんじゃないのってのは、借りもののキャラなのに面白くする為には何でもしちゃうって辺り。いや、これ原作の板垣先生の提案だったりするんだろうか。

国松、握撃や「速度×体重×握力=破壊力」を科学的に否定。この辺は読者も一度は疑問に感じたであろう設定。それらを理屈じゃない的な強引さで説得させるのが花山というキャラ。だがまあ、空道とかいう意味不明な流派の国松に科学を語らせるのはちょっと変でもある。

で、いよいよ花山VSグランド・マスターに突入しそうなトコロで6巻は終了。レックス戦でようやく限界を見せたGM、このまま一気に決着に持っていって欲しいなあ。花山もGMも双方持って生まれた特異体質っぽくて、その二名の激突を通してどんな差を見せてくれるのか楽しみ。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR