1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 30号/2015年

■週刊少年チャンピオン感想 30号/2015年

■毎度!浦安鉄筋家族
リアルシャドーによる日焼け。このネタ、刃牙にフィードバックされないかなあ。

■吸血鬼よく死ぬ
テンポ良し密度ありで終始ふざけまくっててこれは良い新連載。ところでドラクルはこれで退場なの? 次号予告がどこまでホントか分からないが、新横浜に何故かドラクルが居ても構わないのよ。

■刃牙道
絵面的に、これは死んでそう。蘇生にてんやわんや状態でもなく、ナチュラルに遺体を安置しているかのような、もう何もかも諦めているシチュエーション。

しかし、ここまで描かれてもまだ死んだ気がしないんだが。皆しんみりしている中唐突にババアが乱入してきてキスするんじゃないかと不安なんだが。せめて暫くは、リアル時間で二年ぐらいは死んだコトにしておいて欲しい。

武蔵は烈を関ヶ原並みと評する。これの真意は。次回関ヶ原回想で、あくびしながら戦ってる武蔵がいるかも知れない。いや、楽勝を否定しているから関が原も烈も凄い戦いだったと讃えているんだと思いたい。

■鮫島、最後の十五日
今後もこのペースでいいよ。でも宝玉光のアッパーバージョンみたいなヤツも出てくるんだろうなあ。ギフティドな体型で実力相応に傲慢で、その上鍛錬を続けているようなヤツ。

■ハリガネサービス
雨竜監督が赴任した当時の過去回想。必勝おじさんなる都市伝説やペテン行為など面白い。ていうかこれ新連載の第一話にしてもいいぐらい雨竜のキャラ立ってる。雨竜サイドを主役にして普通に物語作れそうじゃん。

■少年ラケット
お兄さんのシャツが夜空っぽいなーと思ったら本当に星座だった。ヨルといいお兄さんといい、周囲はいい人ばかりだな。

■兄妹
強引に温泉サービスシーンをねじ込む辺り、苦戦してるんだろうかと思えてくる。サービスシーン、この漫画になってから何度かあるよな。今作は今まで以上に色々商業的な戦略を練り込んでいるのかも知れない。が、個人的にはイマイチ乗れない。マーニーとか今までの作品は画の粗さをカバー出来る濃度があったがなあ。

■羽恋らいおん
待ち合わせ場所に白タキシードがいても全く動じない鈴蘭。これは凄いメンタルであり、バドミントン指導者として優秀。

過去編突入、鈴蘭は粘りの女王と呼ばれていたのか。部長と戦い方が被るな。そして新星の神宮寺ミントがまた、どことなく主人公と被る。1話のあれと被る。ミントもまた恋を理由に無理矢理バドミントンやってたとかそんなオチが来そう。

■Gメン
先生の元カレ登場。例え生徒であっても男が近寄ると表情が険しくなるこの性格。多分本気で反省しているんだろうけど、沸点低くてあっさり振りきれちゃうんだろうなあ。刹那的な感情に支配されて生きている。DV男を退治対象ではなく治療対象に描いてくれるのではないか。

■木曜日のフルット
騙されまくるフルットに必要なのは雨竜監督との邂逅。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR