1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 34号/2015年

■週刊少年ジャンプ感想 34号/2015年

■食戟のソーマ
ニオイキャラのもこっちが出た辺りで、屋台は周囲に美味しそうな匂いをまき散らす狙いでもあるのだろうかと思っていたが、特に移動はそんなものを意図していなかった様子。無料でばらまいて対価としては客の反応/アドバイスを得ていた模様。創真と気が合うのなら、今後もこっちの登場回数が増えるチャンス。

葉山の暴言に流石に黒木場もキレたのかと思いきやあの言い草。こちらの最強トリオパートもそれなりに描いていくのね。学園祭終わったらあっさり赤字から脱していましたーという扱いも覚悟していたので、面白トリオが成長もかねて見れるのは嬉しい。

■ONE PIECE
宴会はまだやらないのか。ていうか何名かいないしな。サボのこれまでが描かれる回。エースの死が報じられた新聞を見る瞬間まで、記憶を失っていたのが判明。子供時代、救出された時の絵面がえげつなくてビビる。丸焼けじゃないか。ていうかその時のやけど痕だったのか。よくそれだけで済んだものだ。

■ベストブルー
田舎の牧歌的な雰囲気が良いなーなどと前回書いたが、スパルタでギチギチな日々かつダイジェスト展開で半年経過して東京へ。えー?と思わなくもないが、こうなったらこうなったで楽しみでもある。妹ちゃんの再登場も早まるし。

■少女復旧リカバリーQ
全く笑うシーンではない、見開きの「ありがとう」で何かにやけてきた。デカくなりすぎでしょ、みたいなツッコミ入れてニヤニヤしていた。

■火ノ丸相撲
過去をないがしろにしない作劇は良い。ユーマはあくまでも元不良で拭い切れない汚点を抱えている。あっさりリセットされたりはしない。今回に関してはその負い目が出過ぎて負けそうな気もする。

■トリコ
お母さんは攫われたのではなく、対戦相手の一人なんだろうか。小松の料理が大して美味くないって、普段美味しいもの食ってそうだし。

■斉木楠雄
野糞写真を求める人多すぎでしょ。特殊性癖は新聞部の男一人ぐらいで十分だと言うのに。コニャックを載せる斉木は父親思い。

■レディ・ジャスティス
戦闘そのものは圧勝できるが周囲への被害を考えて力加減を調整。その気になればすぐ勝てるのにあれやこれややってる行為は実績解除プレイに近い。

ほぼ全裸になって最後は一体何を仕出かすのか。布をふんわりと投げて気絶しない程度のダメージを与えるとか?

■BLEACH
ゾンビと大食らい、ダイジェスト負け。ジジは筆が乗って作者も気に入り始めたキャラなのかなと思っていたらこの扱いだよ。益々モヒカンが恵まれていたと実感する。いや、これまでの戦いを振り返るに、もっとも恵まれていたのはレスラーだな。

グリムジョーもあっさり毒で足止めされてしまっている。復活キャラに見せ場が無いコトもあるという、生々しさが生まれている。

マユリと剣八の無敵コンビ相手にフードはどこまで頑張ってくれるんだろうか。マユリの言葉に反応したのか独断で退いたのか分からないけど後者のほうが剣八らしいかな。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR