1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 43号/2015年

■週刊少年チャンピオン感想 43号/2015年

■鮫島、最後の十五日
巨桜丸の心が以前の弱方面に一瞬でも揺れたのが腹立たしい。そこ敗因にされちゃうだろ。

■弱虫ペダル
インターハイって3日あって一日につき一年ぐらい描くんだよなこの漫画。連載期間にして3年。バトル漫画のトーナメントだったらそれぐらいやるんだけど、このインターハイって二回目だからなあ。小野田が一年生二年生三年生で三回描くのかと思うと、軽く引く。

いやー凄いコトだと思うけどさ。それにファンならいつまでも見ていたいだろうし。自分だったら例えば刃牙の最大トーナメントなんかをもう一回やって欲しいし。

■ハリガネサービス
底辺は同じ底辺の人間が這い上がるのが許せない。kettaを思い出さずにいられないですなあ。kettaにはチャンスがあったが、サヨクの院卒フリーターや初代ガンダム以降脳みそアップデートしていない老害に足首をがっつり掴まれて上昇の機会を失った。そんな悲喜劇を思い出す。kettaには輝かしい未来があったが、もう二度とそれは手にするコトはないと断言出来る。残念ながら、kettaは生涯地べたを這う。永遠にだ。

■刃牙道
間を表現する為の同じ表情連発が反則的な笑いを誘う。この漫画に関して烈スロットという言葉があるが、今回のは後々勇次郎スクラッチとでも揶揄されるようになるのだろうか。ていうか勇次郎、相手の言葉を理解するまでの混濁タイム長いでしょ。戦場では命取りだぞ。

更に本部の守護る発言で沸騰怒髪天、涙を浮かべながらの殺してやる発言。

長年の連載で強者の信頼を得た勇次郎のリアクションでキャラの強さを演出した初めての存在って、マホメドアライだったかなあ。過去編で、「あなたを尊敬する」みたいなコトを言わせた時。当時は素直にその演出に乗っていたんだが、今となっては勇次郎のこの反応を見ても本部の強さへの安心は生まれず、ただのギャグ狙いに思えるようになってしまったなあ。セルフパロディのお笑い領域に突入している。

そういやカイジの利根川扱った漫画やってるんだっけ。ああいうのに近い。作者自身が築いてきたお約束を自身が崩していく。

激高した勇次郎に対して本部は刃牙の時同様チュドーンを使用、そして逃走。何だそれ。光っちゃんからわざわざ居場所教えて貰って、何しに来たんだよ本部。守護る言って煽るのが目的だったのか。刃牙道になってからの本部はちょっと凄いな。そろそろ台詞も明朝体に戻すべき。

■囚人リク
爺さん超事情通。作劇の都合を無視した無粋なツッコミをするなら、初期から丸め込んでいればここ数ヶ月かけて得た情報をまるっといただけたんじゃないかな。

■こむぎけーしょん
兄がサイボーグのヤツの作者。目の描き方が特徴的で分かりやすい。デビュー作だったかな、発明家少女の頃から一切ブレずにふんわりした日常系。まるでビビッドな要素は無い。がんばりゃ二匹目のドジョウならぬ二杯目のイカになれるのかな。

■ニコべん!
お母さん、つまり歳をめいたキャラのかき分けがほうれい線だけってトコロに、一昔前の腐女子の描くおっさんキャラみたいなものを感じた。

■羽恋らいおん
鈴蘭はツンデレを丁寧に描いている感じがして良いな。漫画そのものはペースダウンを感じて久しいが、ラブコメパートを今は掘り下げていたんだと思えば許容。

八千代、大人になればレオのかっこよさが分かるだの言ってるが、キャバ嬢なんだし駄目な結果に至るタイプのレオ亜種とかにハマってそうなんですけど。夢に向かってまっしぐら系で成果ゼロの男にハマってそうなんですけど。キャバに通ってくるのは安定して金は持ってる男で、そういう人ばかり見てたら新鮮だったという感じなのかなあ。

■マツタケART
女の子の絵だけちょっと気合が入ってる尚且つやや古めの絵柄で顔皆同じなのが面白い。

■吸血鬼すぐ死ぬ
く、この漫画も何か下方に位置しているな。好きな作品が落ちていく悲しみ。希美が美女化しなかったのが良し。積極的ではあるがコンプレックスを秘めていたという設定、美女化して報われるとか無かったのが良し。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR