1. Top » 
  2. 漫画 » 
  3. ■だろめおん「ケンガンアシュラ」(原作:サンドロビッチ・ヤバ子)14巻/裏サンデーコミックス

■だろめおん「ケンガンアシュラ」(原作:サンドロビッチ・ヤバ子)14巻/裏サンデーコミックス



ガオランVS金田決着。金田、レッツゴージャスティンを誘うものの、ガオランのコンボは想定以上に伸びて対応が届かず。

一回戦最終試合大久保直也VS加納アギトも決着まで収録されてて、1回戦全試合がこの巻で終わる。一回戦全てが終わって予想外だった試合は関林勝利のカードぐらいだったかのう。医者戦もあのオチは意外っちゃあ意外だったか。予定調和な決着が多かったけどオールオッケー。読者に勝敗を見えなくさせようという工夫があちこちに仕掛けられてて過程過程が楽しい作品だし。

アギトはちょっとイメージと違う方向に進んできたなあ。あの笑顔とか、戦いの中で成長する設定とか。範馬勇次郎みたいな感じを持ち込んだんだろうか。以前の憮然で既に完成されている印象のほうがラスボスっぽいんだが。いや、似たキャラ何名かいるから差別化したのかも知れないけどさあ。

ラスボスと言えば、アギト、ラスボスっぽくないと大久保に評されていたな。この巻には収録されてないけど、二回戦を前に闘技者引き抜きやらの話が出てきてしまっているので、ホントにラスボスじゃなくなるのかも知れない。ユリウスのほうがなあ、フィジカル一点のみの強さしか無くてそしてそれが決定的な差なので、ラスボスの風格だと思うしなあ。

以下二回戦勝敗予想。引き抜きシャッフル無しの場合で。

・今井コスモVS阿古谷清秋
阿古谷勝利。阿古屋はまだ出し切っていないが、その片鱗を見せる程度か。

・呉雷庵VS十鬼蛇王馬
王馬。主人公なので。

・若槻武士VSユリウス・ラインホルト
ユリウス。どちらも似たようなタイプだが、若槻が隠し玉使いつついつものだから何的な対応でユリウス無傷。

・ムテバ・ギゼンガVS関林ジュン
ムテバか。正直ムテバもユリウスタイプに見える上にユリウスが準決勝まで上がると思っている為、大番狂わせでまた関林でもいいんだがなあ。

・鎧塚サーパインVS御雷零
ちょっと迷うが御雷。サーパインは広がりそうでもう限界でしょ。陽気なキャラが落ち込み涙する絵、でシメ。

・黒木玄斎VS桐生刹那
刹那。刹那は主人公のライバルでありながら準決勝でアギトに敗れ去る、烈における克巳ポジションだと思っている。

・初見泉VS坂東洋平
坂東そのものが出てくるのか、アナコンダみたいなものが来るのか分からないが、初見。ぽっと出の追加キャラに負けていられない。坂東自身1回戦では試合に勝って勝負に負けてるし。

・ガオラン・ウォンサワットVS加納アギト
アギト。大久保に続いて表チャンピオンに連勝して成長の糧に。

と、思っていたんだがなあ。引き抜きシャッフルが加味されるコトになったのが問題。王馬がライアンに負けて、逃げた初見泉の代役で復活、みたいなパターンを予想してしまう。で、決勝に登ってくるのが宿敵となったライアンではなくユリウス。「求道の拳」パターンをどうしても予想しちゃうんだよなあ。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR