1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 1号/2016年

■週刊少年チャンピオン感想 1号/2016年

■聖闘士星矢冥王神話
連載再開で一輝が階段を上がるだけで一話使う。これが車田流なんです。

ていうか連載再開とか言われても、熱狂的なファンではない自分にはいきなり中途からスタートされて戸惑うばかりだ。自分がチャンピオン購読し始めて二年ぐらい経っているがその間空白だったからな。作家に無理させない、融通が効く世の中になりつつある一方で、読者は我慢するコトも増えたのやも知れぬ。

■弱虫ペダル
小鞠、昔から筋肉フェチではあったがそれを解放するコトすらない可憐な文学好きなキャラであった。もうこれだけで御堂筋の調教力の高さを伺わせるワケであり、腐女子ならずともネタの二つ三つは浮かぶ。

■吸血鬼すぐ死ぬ
1話の小憎たらしいガキ再登場。最近は過去キャラ多めで、前にも書いたけど単行本作業の賜物かなーと思っちゃう。ハンターの面々とか以前一気に出たけど顔出し程度だったので連中を掘り下げていくだけでまだ持ちそう。

■刃牙道
武芸百般だのほざいていながら、いざ守護る時には身を挺するだけだった本部以蔵。

割って入って気絶してからの扱いもまた酷い。勇次郎、足で本部の頭を持ち上げ、更に回転させて顔面にビンタ。ここで驚くべき点として、激高して本気になっているハズの勇次郎のビンタを食らっても無事である本部の頑丈さである。無事も何も既に気を失っているんだが、柳の顎吹き飛ばしや天内の肩陥没とかの件を考えるに、本気の勇次郎にひっぱたかれて欠損しないというのはそれだけで脅威に値する。

前回の感想で、勇次郎が「本部がいなければ俺は死んでいた」とか言い出すんだろうなーと書いた。が、それを実際に言い出したのは本部本人だった。

『ツイッターにある熱いメッセージ。君たちの言葉は俺のブドウ糖だ!!』(巻末コメント)
ホントかよ。本部死ねとかそういうのばっかじゃん。ていうか板垣先生ツイッター見てるのか。

■ハリガネサービス
グラサン監督、最後の最後まで「計画通り」なキャラであったか。あー、何かこういうキャラがこんな落とし方で終わるのはちょっと新鮮で良い。ペシャンコにされないで、これはこれで良い監督の一つの像として終わるのは良いな。

そういや両校の監督間に何かしがらみがあったよな。それが未解決っぽいのが気になる。次回居酒屋とかに舞台が移っておっさん談義でフォロー入るのに期待。

■囚人リク
別の生存チャンスがぶら下げられるとそっちに気が向いちゃうのは仕方ない心理。

見開きでジョジョ立ちする脱獄王を見ててふと思い出したが、同じようにパースグリグリだった青果人の作者って瀬口忍のアシスタントなのかのう。ツイッターでも何かとリクの単行本やらリツイートして宣伝していたし。

■BADBROS
8チームってコトはトーナメントか。まだ6話にしてここまで素早くトーナメントのお膳立てするとかマジでテンポが良い。で、その賭け野球はこれまで通りの打つ打たせない勝負になるのか普通に野球するのか。後者だとダレそうだよなー。兄弟でバッテリー組むんだろうし、前者でテンポ維持をお願いしたい。

■劇場霊
ババアと思ったら性欲親父だった。

■Gメン
ある意味日常回。バトル漫画好きな自分だけどこの作品はこういう回のほうが楽しめるな。まーあれだ、不良のバトルは面白く無いんだよ。

リサ、性的な目で見られていたのを自覚していたのか。一見脳天気に見えても女は油断がならないというのを随分とリアルに表現している。

瀬名が立ち去る先生を見る目が不穏イベントを予感させるが、単に嫉妬な眼差しなだけ? 瀬名はキャラの性質上そんなシーンだとしてもシリアス顔だから判定が難しい。

■錻力のアーチスト
2月まで休載。割りと長め。決勝に向けてネタをグツグツ煮出す期間、というよりも蛮堂が終わって燃え尽きたんじゃないの?なんて思ってしまう程、この漫画の顔になっていたよ、あのサウザー。

■兄妹
黄多川は兄が見えているのか見えていないのか分からず仕舞い。骸骨まんまの姿は見えずとも何かモヤっぽく見えてはいそう。パープルの人は何らかの形で再登場しないかな。娘が居てそっちはガチの霊能者とか。色が入ってるとレギュラーになるんじゃないかと思ってしまう。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR