1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 1号/2016年

■週刊少年ジャンプ感想 1号/2016年

■ONE PIECE
ジャックの目のアップの多さが気になってきた。アップの表情描こうにも顔が長いから強調するなら目しかない、とか作画の都合なだけかのう。何か他に意図あるんじゃないのかね。目玉親父みたいな小さな本体が格納されているとか。

■火ノ丸相撲
ギャグの為とは言え、出禁張り紙は酷いオチだ。ていうか店長は全体的に酷かった。原価がどうのガサツな盛り付けだの。作者、ギャグもいけるが、斉木の作者並みに危なっかしいぞ。

「やっぱ格好いいな」はさよならガッちゃん方式を疑うが、あんまそこにフェイクは入れる漫画でもないし、素直に潮なのかな。

ユーマがずっと引きずっているのが生々しいな。団体戦で覆水を盆に返す為の勝利ももぎ取ったというのに。が、元不良はこれぐらい反省して丁度いい。

■こち亀
両さんは当然として、部長も勝手だし手を貸す中川もどうかしていて、誰を擁護する気にもなれないのが素敵な一作であった。

■食戟のソーマ
叡山駄目そう。審査員も駄目そう。最後の最後には負けを認めて『自分の舌の判定には誠実だった』みたいないい人扱いになりそう。で、後々「あの意地っぷり、入学試験の時のえりなみたいだったよなー。二人似てるよ」とか茶化されてえりな共々ギャグ顔で怒りそう。

■妖移植変異体ガロ
バラバラになったのにはちょっとビビった。ヒロインもロマサガ3に出てきそうな人もいいキャラしているな。バトルはそんな面白くなかったので、キャラ寄りでの連載が読みたい。

■斉木楠雄
そういやこんな小動物いたな。再登場させないでもいいのに。イラつくでしょこの生き物。ネコもたいがいだし、作者マスコットキャラ作れないよ。

■左門くんはサモナー
ただ切ない話で終わった。オチが無いのがオチをやるにはまだ早いでしょ。生き急いでいるようにしか見えぬ。アオリの『なんぞこれ』が読者の気持ちを言い表している。

■トリコ
体感時間65年て。何かもう現実世界の出来事とかどうでも良くなってそう。カブトも改心する。

難解なSFを読んでるような気分であったが、そろそろ分かりやすくもなってきた。小松の食材引き寄せ能力とか御都合主義な部分も今ではありがたい。

美味しく食われる為にアナザが寄ってくるというのも、一龍のフルコースの時は違和感バリバリだったが、ここまでSFしてて多様な価値観を並列させる作品になってきている今だと十分に受け入れられるな。

■ものの歩
果たして二人で参加可能なのか。頭数としてジッポ辺りを呼ぶのか。キャラも増えてきた今が連載的にも正念場という感じが。美形ぶっこんできているし作者もそこは自覚していそう。

■BLEACH
閣下の親衛隊はしぶとくて良いのう。まだ復活するのか。しかし復活したはいいものの、吉良にこのまま退治されそう。腹に穴開いてるままの吉良再登場だが、マユリに改造されたの? 妙な復活したらマユリぐらいしか疑う対象がいない。

ミラクルの人、いきなり劣勢になっているが奇跡が能力なのでここから来る模様。奇跡って、主人公補正とかそんな感じ? 最近の能力は敵も味方もどれもこれもシンプルさがなくて、ジョジョ5部ぐらい複雑になってきている。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR