1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 8号/2016年

■週刊少年チャンピオン感想 8号/2016年

■ハリガネサービス
雲類鷲は選抜を追放された男だったと判明。過去の雲類鷲は遅刻も余裕でバレー歴も浅く粗雑な性格ではあったが、無垢で素直な性格。

何か酷い事件を起こして追放されるようだが、ラストの一コマだけだとコート上のアクシデント程度にしか見えないなあ。いや、どんどん性格が歪んでいって相手をボールで攻撃するようなタイプになるんだろうか。

テニスの王子様ではそこがスタートラインなんだけどな。

■弱虫ペダル
筋肉畑。相手の後ろにいないとやっぱ岸神は本領発揮出来ないじゃん。難しいキャラ設定だよ。

■刃牙道
タバコによる目への攻撃、ドロップキック、木刀連打と、手始めに本部がジャックを圧倒する。じんわりと何ヶ月もの仕込みで本部上げを知っている読者にしてみれば話の流れ上こうなるのは分かっているが、最大トーナメント直後にこんな絵面見せられていたら意味が分からなかっただろう。準優勝のジャックがキャラ作りが半端で終わった浮浪者にボコボコにされるなんて。

柳を圧倒した時ですら本部の強さには疑問があったが、当時もこれぐらいの仕込みがあればギリギリ納得出来たんだろうか。

ジャックが勝利するには作者の筆が滑るしかない。アライジュニアの時みたいに。が、その後ピクルにはちゃんと負けているし、今回も表情的に余裕が無くてもう駄目そう。

■侵略!イカ娘
そろそろ終わるというのを知っている為、こんな何気ない話でもいつもどおりではない何かを期待してしまう。イカの死に対して遂にキレるとか期待してしまった。

■囚人リク
マッチョが殴り合うだけの回。こういうアクシデントで予定が狂っていくというのは読者も組み立てていた予定調和がぶっ壊されるので良い。例え認められるという形だろうと、有力者みたいなヤツに色々注目されちゃうと動きにくくなりそうだな。

■聖闘士星矢冥王神話
今回の連載、もう終わりなの? 車田先生には休憩与えても意味ないでしょ。同じような展開しか放り出せないんだし、ネーム練る時間とか不要でしょ。単純に体力の問題なのか。

■鮫島、最後の十五日
無意識、勝利への渇望からとは言え鮫島が変化を使ったというのは後々当人が後悔しそう。スタンス曲げて買っちゃってもいいんだろうか。ていうコトで、今回は負けてくれないかな。

■兄妹
兄、一瞬どこに行っていた? 死体安置所に見えたが、死体って発見されてないんだっけ?

■BADBROS
ああ、まだ表だから4点取られても終わりじゃなかったのか。染み込んでいるので直球投げてるつもりでも僅かに捻っちゃってる。そんな当人も知らないブレで突破。醍醐は計算高くていいな。味方になって弱体化するのは多いが、逆に安心出来るキャラ。

■劇場霊
これ10週ぐらいやってたのかな。B級ホラー邦画を連載するには尺が長すぎた。おもいっきり腐すけど、ブリーチのほうが中身あるよ。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR