1. Top » 
  2. 読書 » 
  3. ■米澤穂信「儚い羊たちの祝宴」/新潮文庫

■米澤穂信「儚い羊たちの祝宴」/新潮文庫



夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が。優雅な「バベルの会」をめぐる邪悪な五つの事件。甘美なまでの語り口が、ともすれば暗い微笑を誘い、最後に明かされる残酷なまでの真実が、脳髄を冷たく痺れさせる。米澤流暗黒ミステリの真骨頂。

「身内に不幸がありまして」「北の館の罪人」「山荘秘聞」「玉野五十鈴の誉れ」「儚い羊たちの祝宴」の5編からなる短編集。全編通して「バベルの会」が薄っすらと跨っているが、どれも独立した内容。

作者のレトロな本格ミステリ趣味が存分に投入されている作品群。一作目の温和な語り口から乱歩的な懐かしさを覚える。令嬢と使用人なる背景も然り、作中に引用されているミステリも東西問わずレトロ嗜好で、それだけでミステリというよりも「探偵小説」が持つ、あの古めかしさが喚起して幼年期のワクワク感を思い出す。

落ちは読めるものも多く、騙される快感は弱い。が、フーダニット等の楽しみよりも怪奇/背徳なオチがまた乱歩的で、懐かしい気持ちになれる。現代の作家が書いた探偵小説だろう、これは。

大体バッドテイストな落とし方をしているんだが、そんな中で「山荘秘聞」は異色かな。何気に二転三展している。ラスト、手にしているの「札束」だからね。悪趣味を極めているのは「玉野五十鈴の誉れ」。何でも卒なくこなす五十鈴の天然っぷりとも取れるんだが如何せん残虐。表題作にもなっている「儚い羊たちの祝宴」のアミルスタンの羊も悪趣味なんだけど、事前収録作のフェイクをオチにしているのでインパクトが弱まったのが残念。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR