1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 10号/2016年

■週刊少年ジャンプ感想 10号/2016年

■ゆらぎ荘の幽奈さん
場合によっては触れる、そんな都合のいい女子高生幽霊。脇を固める女性キャラも1話目から性的で抜かりがない。

エロコメである為、未練って性欲絡みかなーと思ってしまう。実は生霊に過ぎず、本体は植物人間で老婆になっているとかそういうオチ希望。瑞々しい肉体(霊体)で思春期男児を翻弄させて、最後の最後でババアでしたとフルスイングでぶん殴って欲しい。

■ONE PIECE
「ジェルマ66」なる戦争屋のトップにいるのがヴィンスモーク家。ビッグマムのお茶会を断ると関係者の首がプレゼントとして届く。色々とシビアでシリアスな方向に話が進んできている。今回はあれか、「ゴッドファーザー」的なシチュエーションのエピソードか。

仮にカマバッカの誰かの首とか狙ったらドラゴン率いる革命軍ともぶつかりそうで、ジェルマ66とそやつらどっちが強いんだろうかと気になってくるな。見たい。そういう勢力同士のぶつかり合いが見たい。

サムライがゾウに上陸で、和気藹々としていたルフィとミンク族の間に衝突発生だろうか。恙無くルフィ一行が受け入れられていたのでここらでバトルあるやも知れぬ。バトルしないで麦わら一行即効でママの元へ、しかしミンク族はそれを追ってくる、ぐらいのドタバタに期待したい。ゾウそろそろ飽きてきたよ。

■食戟のソーマ
十傑とのバトルを前に、前座的な連中を相手に無双する模様。十傑も今回出てきた前座もデザイン的にあんま差を感じない(=十傑そんなにインパクト無いという意味)。

いきなり十傑と戦うのもなんだしー、まずは先兵相手に、という理由だろうが、これで負けて創真側についてくれれば、セントラルへの対抗勢力も増えそう。チャラい奴とか見るからに弱そうだけど味方に付いたら逆に強くなってくれそう。

いや、それよりも今は叡山のほうがチョロそう。軽く一押ししたら薊から離れて創真側に来そう。

■殺せんせーQ!
妄想の中でエロ水着着せられているのはスピンオフ専用キャラ? 本編キャラにえげつない真似はさせられないのか。とか思ってたら渚が餌食になってた。

■ものの歩
扇子の人、前回はゲーマーの粘りに感じ入るものもあったのかな?という雰囲気だったけど見苦しいと感じていた模様。これはフラグで、自分が見苦しく最後まで諦めないでくれそうだな。で、勝つ。いくらなんでもこの人にシノブが勝てると思わないので、シノブは試合に負けて勝負に勝つ感じで一つ。

■左門くんはサモナー
そういや「!?」ってホント何なんだろ。コマに映っているヤンキーそのものorその発言に対して、それを見ている側の衝撃、なんだろうが、それをこんなオプションにしちゃって徹底して浮遊させるのは面白い。

茨木ってレトロヤンキー感あるな。茨木童子をこういうキャラにするのは妥当。

■火ノ丸相撲
妹は何で連れてきたんだ。ズケズケ発言する妹のほうが実は眼鏡女よりも見どころがある、なんてオチは眼鏡女に失礼なので、何か違う理由が欲しい。潮に反発しがちな女なので、それが潮の心を揺さぶってメンタル強化に繋がる、とか。今回すでにほらやっぱりみたいな揺さぶりかけてたし。

■ニセコイ
ユイもマリーも中ボスとして敗退、ついでとばかりに小野寺妹も小ボスとして散華、そしてここで鶫にもそれを味わわせようという残酷絵巻。見せ場を設けられてきっちりフラれるというのは、ミステリでいう祝福された死だろうから、鶫好きな自分も歓迎ではある。

■トリコ
ネオに三日三晩粘着されて絶望の表情を見せる生き物、何だか押切先生の描く犬みたいで笑った。

■斉木楠雄
先週の卒論といい今週のゲスの極みといい、そこは麻生先生的にセーフなブラックネタの範囲に収まっているのか。

■BLEACH
ラスボスが完全な状態じゃない今がチャンス。そんなブリーチ世界の住人とも思えない思想で行動しても上手く話が運ぶワケがないでしょうに。マユリ辺りならこの手の不意打ち事項もカッコイイ言説で取り繕ってくれていただろうに。

チャド&ガンジュ、今回が最後の見せ場だったのかな? ゴーレム相手に夢想しまくる絵はページ稼ぎにはもってこいだけどこのまま最終回まで出てこなくても問題無さそう。

■磯辺磯兵衛物語
母親万能。クロノトリガーで見た。

■裏表紙
ふんどしマッチョ漁師、しかも股間辺りに斜めに光が指しているイラスト。こんなネタ的で捨て気味な広告打ってる辺り、グラブルとかいうソシャゲ儲かってるんだろうなーと思わせるものであった。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR