1. Top » 
  2. 読書 » 
  3. ■松村比呂美「終わらせ人」/角川ホラー文庫

■松村比呂美「終わらせ人」/角川ホラー文庫



母の訃報に接しても祈子は動揺しなかった。生後まもなくの祈子を見捨て、連絡を絶っていた人だ。仕方なく遺品整理に出向いた先は圧倒されるほどの立派な洋館だった。邸内にあったパソコンを起動させる。「終わらせ人の館」。怪しげなサイトがモニタに映し出される。調べると母が悩み相談で報酬を得ていたことがわかる。新種の霊感商法だろうか。疑念は深まるが、やがて祈子は「終わらせ人」の恐ろしい秘密を知ることになる。

角川ホラー文庫という容れ物であるが、ホラーというよりも家族とか自分探しとかそういうのを扱っている作品。警察の調書に書けないような超常現象が出てくるのでまあ一応ホラーっちゃあホラーなんだろう。

読後、特に残らず。何かしらのサプライズを求めて読んでいたが、予定調和で話は終了。主人公自身よく分からなかった母親の足跡を辿りつつ、主人公もまた己の運命使命生き様を見出す、そんな話で終始する。

場面転換がキビキビしているのがちょっと新鮮だったかな。節どころか次の行でもう舞台が変更されている。

扱っている題材が引きこもりとか介護とか未熟な親とかベタであった。ベタなものをベタなまま無調理提供しているのでイマイチ驚きに繋がらず。淡白過ぎた。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR