1. Top » 
  2. 読書 » 
  3. ■ヒュー・ロフティング「ドリトル先生のサーカス」/岩波少年文庫

■ヒュー・ロフティング「ドリトル先生のサーカス」/岩波少年文庫



ドリトル先生が余りにも金欠なので、珍獣オシツオサレツをネタにサーカス団に加わって活躍する話。児童書らしい嫌儲度がいつもに増した内容になっているが、サーカス団の団員が大半クズなのでバランスは取れている。

オットセイを逃がす話が前半を占めており、たまにコントみたいなやり取りもある。無理矢理オットセイに女装させて馬車に乗ると、おせっかいな同乗者の婆さんが「奥さん病気なんですか?」だの色々詮索してくる。挿絵も女装ってよりも布でぐるぐる巻きにしてて面白い。

海に逃がした時も、妻殺人の現行犯としてドリトル先生逮捕されるし。ドリトル先生って牢屋に入りまくっているな。

巻末の寄稿文、動物トレーナーが担当しているんだが、割りとドリトル先生をディスってる感じなんですけど。頼む相手を間違ったんじゃないのかコレ。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR