1. Top » 
  2. 読書 » 
  3. ■佐藤さとる「豆つぶほどの小さないぬ」/講談社文庫

■佐藤さとる「豆つぶほどの小さないぬ」/講談社文庫



シリーズ2冊目。コロボックル基準での犬と呼べる存在を、どうにかしてつかまえる話。所謂クダギツネと呼ばれるものを、この作者専用用語(?)としてマメイヌと称している。

前作の不満点をクリアした上での作劇。コロボックルの台詞がカタカナだったのが普通になってて読み易い。また、コロボックルの固有名の見分けがつきにくかったという部分もアダ名表記メインになっているのが有り難い。

マメイヌに纏わる話であるが、最後に捕獲成功となっているもののその全貌がまったく見えないまま終わるというのが何か良いな。次巻以降あっさり普通に飼いならされているのかも知れないが、今作に関してはとにかく捕まえるまでの色々な出来事を中心に話は進む。前作がせいたかさん視点だったのが、コロボックルの目線に変わっているってのも新鮮であった。

当作品、コロボックル通信社の発展と共に描かれて、ラストにおまけとして作中の新聞が付記されているが、これが小さくてマジ虫眼鏡必須。読めないよ。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR