1. Top » 
  2. 読書 » 
  3. ■桜庭一樹「青年のための読書クラブ」/新潮文庫

■桜庭一樹「青年のための読書クラブ」/新潮文庫



伝統あるお嬢様学校「聖マリアナ学園」。転入生・烏丸紅子は中性的な美貌で一躍、学園のスターとなる。その裏には異端児たちの巣窟「読書クラブ」の部長で、用紙へのコンプレックスを抱えたニヒリスト妹尾アザミの、ロマンティックな詭計があった……。学園の創設から消滅までの百年間に起きた数々の事件の背後で活躍した「読書クラブ」員。その、あらぶる乙女魂のクロニクル。

読み始めた時は改行少なめびっしり感漂うページにちょっとクラクラした。文体も過去の文学を思わせる硬質さ。が、読んでみるとコミカルな絵面が浮かぶ描写で、これは楽しい。言葉の選択が巧みで、堅苦しい文章故のユーモアに繋がっている。ニュースキャスターが真顔で出鱈目ニュース読んでるようなおかしみ。梗概にある「あらぶる乙女魂」ってのは言い得て妙であった。

全5章仕立てで、学園百年の歴史と絡めてその裏で起こった事件の顛末が読書クラブの残した手記という形で語られる。第一章・第二章がとりわけ好みであった。二章、学園の根幹をぶっ壊すエピソードになっててこれは人を食ってるなあ。五章は事件そのものはしょぼいけど、学園の歳月を読者に自覚させるには十分な締め括り。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR