1. Top » 
  2. 読書 » 
  3. ■夢枕獏「陰陽師 太極ノ巻」/文春文庫

■夢枕獏「陰陽師 太極ノ巻」/文春文庫



「二百六十四匹の黄金虫」「鬼小槌」「棗坊主」「東国より上る人、鬼にあうこと」「覚」「針魔童子」、以上6編収録。

安倍晴明と源博雅のコンビが怪異に出会い、何かしらの解決をもたらす連作短編集。後書きで作者自身書いている通り、このシリーズはどこから入ってもいい。きっと過去に出ていたんだろうなあと思わせる準レギュラーキャラっぽいのもいたが、気にせず読み進められる。

緩いな。実に緩い。解決にしてもビビッドなサプライズがあるとは限らず、ヌルいまま思わるコトも多々。例えば「覚」、いわゆる心を読むサトリを扱っているネタであり、心を読まれる対策としてどういうものを用意するかに作者の力量が問われる題材であるが、「何も考えませんでした」という身も蓋もないオチ。これぐらい緩い。

読んだ端から忘れちゃうユルさであるが、「陰陽師」シリーズはそれでいいや。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR