1. Top » 
  2. 読書 » 
  3. ■笹沢左保「木枯し紋次郎 (五)」/光文社文庫

■笹沢左保「木枯し紋次郎 (五)」/光文社文庫



「馬子唄に命を托した」「海鳴りに運命を聞いた」「夜泣石は霧に濡れた」「駈入寺に道は果てた」「明鴉に死地を射た」、以上5編収録。

紋次郎、こんにゃくが苦手というのが判明。何その斬鉄剣みたいな弱点。が、苦手になったルーツが子を間引く際に蒟蒻で窒息死させるという話からだったようで、自身も間引かれる予定だった紋次郎が苦手になっても致し方無いコトではある。

アームチェア・ディテクティブばりに僅かな情報から真相に辿り着く紋次郎であるが、これ、「他人を信用しない」という設定が生きているなあ。読者と違い、出てくるキャラクターの情の深さや性格を度外視して、全てをニュートラルに見れるが故に、真実に到着出来る。真相にたどり着いても興味が無いのでそれを暴く気はない。しかしスルーしようとしても相手が勝手に自爆して紋次郎に挑んできてしまう。この辺の作劇が上手い。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR