1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 14号/2016年

■週刊少年ジャンプ感想 14号/2016年

■ONE PIECE
4つあるロードポーネグリフが示す位置の交差点にラフテルが存在する。デカい情報が来た。ロードポーネグリフ、ビッグマムとカイドウも所持していて、激突が必然となった。いざ戦闘になるまでどれぐらいリアル時間がかかるのか考えたらげんなりもするが、ワンピースにしてはわかりやすい目標がはっきりつけられたので楽しみ。

光月おでんは処刑されてて既に故人で、ロジャー海賊団の船員だった模様。おでんを処刑したのはカイドウとワノ国の将軍というコトで、将軍ってのがどんな奴なのかこれもまた楽しみ。キン肉マンリスペクトで悪魔将軍みたいなデザイン来ないかなー。死にたがりのカイドウは何か善意で処刑に加担したとかそういうオチもありそう。羨ましがってそう。

■暗殺教室
このまま何度も最終回をやるんだろうか。いやまあ、長編作品のラストっていつも案外あっさり余韻も無く終わるって感じるコトが多いので、エピローグ長めなこういう締め括り方もアリだな。

■ものの歩
扇子の人、泥臭くてもかっこ悪くてももがこう、という少年漫画としては熱い展開になっているが、そもそも美学がイマイチ分からん。雌雄を決した状態でも投了しないのは美しくない、というのは分かるが、そこから続けて逆転出来るなんて、雌雄決していなかったんじゃんとか思えるし、将棋ってそんな相手の判断ミスにつけ込めたり出来る程甘いもんなの?

■左門くんはサモナー
そんなに激しくハマっている作品ではないが、これ子供の頃だったら自分は好みだったろうなーとは思う。子供の頃っていうか、とにかく話に奇抜さとか求めず絵が整っている作品が好きだった時代。みやたけしが好きだった時って、そういう感覚だったからな。単行本とか集めるには、一コマ一コマ堪能出来るような、幾度もの鑑賞にも耐え得る漫画限定だった。

■食戟のソーマ
セクシーリアクション要員にされただけで十傑がしょぼく思えてくる。

■鬼滅の刃
作中時間で一年半が経過。何てテンポだ。この年頃の少年の一年半は長いぞ。岩を斬るって、本当にそのまま斬らなきゃならないんだろうか。それとも火ノ丸みたいな発想の転換が要求される修行なんだろうか。

■火ノ丸相撲
兄と100回戦えというアドバイス。兄を見下しているから、その慢心が消えてパワーアップしそうでこれは良い。一方で、そこを起点にしているが故に今の強さに至っているかも知れないのでパワーダウンするんじゃないかという恐れも。いや、この漫画に関しては後者は無いな。

吸収力甚だしい潮なので、5秒で凄い色々なものを得たんだろうなあ。横綱との5秒って、火蜂との5秒みたいなもんでしょ。

■ゆらぎ荘の幽奈さん
人間のヒロイン、登場二話目で全裸にされる。開幕で回想の全裸、後半では脱がされての全裸、飛天御剣流ばりの二段構え。

■トリコ
前にも思ったが、今回で言えば缶詰、どうやって作るか分からないものをフルコース入りさせても提供出来そうにないではないか。まあ、今の小松とかなら中身見たらそれだけで構成要素把握出来るんだろうが。というかそれ以前に、この缶詰はジジのリアクションからしてヤバそう。

アカシアのフルコース、実食リアクションが薄いけど、四天王の悪魔に具体的な解説が入ったし連中も満足しているようで、これはこれで良いな。

■人間碓氷一臣
面白かった。たまにはしゃぎ過ぎてて引く部分もあったけど(ゴブリンの説明とか)、割りと面白かった。過程はともかく良い結果を目指しているって、だいたいのラスボスも最初はそうだよなあ。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR