1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 16号/2016年

■週刊少年チャンピオン感想 16号/2016年

■放課後ウィザード倶楽部
ダンジョンRPGを彷彿させる作品。何が出来て何が出来ないのか、探り探りギリギリのラインを主人公たちが見極めていく感じだろうか。何でもアリで読者としても基準が見えなくなってしまった「正義の殺人鬼」とは違う、有り無し判定の厳しさで緊張感を出していって欲しい。

■刃牙道
本部に守護る隙すら与えず武蔵VSピクルが始まった。この二人の戦いは見たいからなあ、本部がちょろちょろする前に開戦してくれたのは嬉しい。

エア斬撃が勇次郎の時と同様に効かなかったが、今回のピクルは寝ていた状態であり、完全に無防備な相手に仕掛けてロクなダメージを与えていないというコトになっている。エア斬撃でギブアップした達人とかもう雑魚もいいトコじゃないか。野生の鈍さが功を奏しているだけなのか、ピクルの頑丈さ故なのか。で、最後はそのエア斬撃食らわせまくりな絵で終わっているんだが、効いてるのかコレ。

■AIの遺電子
「これ自分で作ったんですか?」「CGです」というオチでいいの? いいんだろう。

■ハリガネサービス
ウルワシ的には猫田は羨ましい存在なんだろうか。強敵に本気でぶつかり合えるってのは、ウルワシが求めている立場だし。

■囚人リク
これ、勝ったら勝ったで看守内で「あー乗っておけば良かった」みたいな話出るだろうし、そういうのが上層部の耳に入ったりしないのかな。看守達、そこはキッチリ内部ネタに留めて外に漏らさないようにするのかね。レノマはそこまで計算していそうでもあるが、どうも作劇的に都合が良い的な感想になりそうだなあ。

■吸血鬼すぐ死ぬ
前回と打って変わって貧乳の人が活躍する話。うむ、頑張ってはいるが、前回のなのですさんのほうが可愛いな。貧乳のほうが実質的に性的な被害を被ってはいるんだが。

■Gメン
ちゃんと該当する廃ビルに来たんだよなコレ。別の場所とかそんな落ちないよな。

■ビーストコンプレックス
草食動物は肉食動物を前にしたら、食われたがってしまうのだろうかという視点で話一本作っていて面白いな。睨まれて動きが止まる、とかそういう状態あるあるだけど、恐怖による停止でも突然擬態を演じるでもない、作者なりの理由を設けている。ていうか絵の関係でわかりにくかったが、指何本か食わせたのか。

■BADBROS
醍醐が活躍しまくってて主人公みたいになっている。ヒールだけど好き。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR