1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 17号/2016年

■週刊少年ジャンプ感想 17号/2016年

■食戟のソーマ
童子が純粋な気持ちで手紙を書いていたのを捨てるという行為はナチュラルに酷くて、薊=悪という印象はもう拭えないな。思想とかベストなのに、こういう振る舞いをキャラ付けしてダメ方向に読者を誘導するのは悲しい。

楠はいかなる懲罰を食らってしまうのか。寮生に落されて創真側になったりしないのかな。大局的に勝ち組に。

■BOZE
突き抜けて面白い設定/話でもなかったが、作画で十分楽しめた一作。あれやこれやカッコ良かったが、仮にこれベースで連載されるならここまでの描き込みは不要かな。ちょっと読みにくかった。

■斉木楠雄
特殊設定の使い捨てキャラがどれもこれもブラックな面白さを醸し出していて良かった。この作者の本来の黒さだよなあ、この辺。

■左門くんはサモナー
エクソシストの人、ギャグっぽい攻撃に引っ張られかけつつも最後まで真顔キャラ通してくれた。左門くんのシリアスな過去を匂わせた分、試合に負けても勝負には勝っている。

■火ノ丸相撲
天王寺が登場、わずか数コマでその人となり、強さをアピール。誰よりも相撲が好きで誰よりも稽古をしている、というのはどこまでマジなのか。体格以外に天性の/持って生まれた何かを持っていないんだろうか。どこにも隙がないラスボスで、今後の描写が楽しみ。

■銀魂
父親を憎むというシチュエーションは古来より定番だし、また誰もが抱く感情なんだが、創作での落とし所もまた難しいよなあ。父がいなければ自分は存在していなかった的な落とし方すんのこれ?

■ものの歩
あんまリアルな敗北とかにならない漫画なので、勝つんだろう。全く毛色は違うが、主人公サイドが気合だけで展開ひっくり返すってのは聖闘士星矢とかの血統。

■ゆらぎ荘の幽奈さん
21世紀の少年誌で鼠径部限界描写を頑張っている作品はそれだけで応援したい。世の中の作画能力の工場に伴い、大昔の月マガ系よりも部位描写は露骨なんだよなあ。

■こち亀
司法試験とかそういうのを想起させるな、これ。六法全書とかあちこちルール的にぶつかる矛盾があるものをまる覚えするってのは、こち亀全巻精読して内容全部頭に叩き込んで全て知った気になるようなもんだろ。

■トリコ
ドンスライムの技、昔四天王で四獣倒したあれかと思ったら規模が違っていた。しかもこれ地球滅ぼす気で仕掛けたのか。容赦無くていいな。当然破れてしまうのなら、そこまで遠慮の無い技でオッケー。

何か頂上決戦みたいな戦いだったのに、今更ブルーニトロが念の為に、だの言い出してパワーパランスよく分からない。そして、ドンスライムよりジロウのほうが強いのか。

■BLEACH
攻撃を加えるたびにでかくなるわ強化して再生されるわで、ミラクルの人もまたラスボスクラスで素敵。親衛隊はどいつもこいつも頑張ってくれるので楽しい。こやつらだけは戦闘カットしないぞーという作者の気構えを感じる。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR