1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 18号/2016年

■週刊少年ジャンプ感想 18号/2016年

■ONE PIECE
ゾウ、暴れてジャックの船団を壊滅させる。その内ゾウの回想とか描かれるんだろうか。それは…見たいな。回想長くてうんざりしがちだけど、ゾウに関しては見たいな。どんな罪背負ったのかとかも知りたいし、何より長生きだから過去描いたらこの世界の謎に迫りそう。

■ものの歩
蒼馬の真意が明らかにされ、さらにそれを理解した上で強者としてこの戦いに挑んでいた。蒼馬の強者感はちょっと薄れたけど、一気に真相を解体してくるテンポの良さがある。が、テンポ良すぎというよりも、早すぎる印象のほうが強い。今日日の少年漫画ならもっと溜めてもいいのに、と思っちゃう。

■左門くんはサモナー
てっしーの母親&妹と、一気に家族登場。思春期反抗期の妹がこんなに怯えるなんて、普段どんな日常を送っているんだろう。あと父親がどんな人となりなのか気になる。この三人にどういう影響を与えたのか凄く気になる。

■双星の陰陽師
出張読み切りは展開が強引かつ紹介に終始しているものばかりで、この作品もそこから外れておらず、これを機に本編に興味を持とうという気になれず。2ページ目で怪物登場の世界観とか、違う意味で面白かったけど。出張作品こそ連載前のプロトタイプみたいな読み切りでいいんじゃないかなーとか思った。そう考えればヤリマンは正解だったのやも知れぬ。いや、もしかしたらこの作品もプロトタイプ的な1話焼き直しの可能性もあるんだが。

■ゆらぎ荘の幽奈さん
猫女こと夜々のサービス回。くノ一よりは大人しめであるが、鼠径部への執念は存分に感じられる絵であった。

■火ノ丸相撲
インターハイ開幕、まずは圧勝する潮の描写で景気よくスタート。強者にも認められ、実力を隠さず真っ向から立ち向かう幕開けで清々しい。

■食戟のソーマ
率先して解体作業を指示する薙切薊は現場主義。さらされるちゃんこ部。そういう絵はどっか女性が部長やってるトコロでやって欲しかった。

■トリコ
ダメージノッキングの絵面いいな。カッコイイ。次郎、ギネスに育てられたという出自や、アカシアに力を封じられていたのが判明。封印解いたら逆にすっきりした顔に戻ったな。

■斉木楠雄
サザエ時空の謎が明らかに。この作品は斉木が原因だが、きっと浦安やイカ娘にも我々の知らないトコロで何者かが時空を歪めているのだろう。

■BLEACH
人気キャラ三人もあてがわれて優勢を維持しているミラクルの人はマジで強い。剣八覚醒で逆転ムードだけど、そっから二転三転して最後は日番谷で決めて欲しい。日番谷が活躍した記憶がないし、一回ぐらいカタルシス込の見せ場与えてもいいじゃないの。

■磯辺磯兵衛
北斎、成仏してしまったの? 面白レギュラーが退場だなんて、大きな変化ではないか。まーずっと憑依されてたらあの孫娘さんも不憫だしなあ。ていうか憑依されていた時期の記憶とかどうなってるんだろう。北斎、また誰かに乗り移って再登場しそうではある。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR