1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 19号/2016年

■週刊少年ジャンプ感想 19号/2016年

■ONE PIECE
ビビが再登場。アラバスタ編から一体何年経過したんだろう。「大きくなったらビビみたいになるー!」と言ってたような女の子が今頃風俗で働いているぐらいの歳月は経過していそうなんだが。少年少女向けの作品は何十年も連載しないで簡素に完結させて欲しいな(これ今週の感想なのか?)。

■暗殺教室
そう考えれば、暗殺教室の良かった点として、3年かそこらで完結させたってのも挙げられるなあ。

■ゆらぎ荘の幽奈さん
写真に写った感じで、実際の幽霊がエロムチボディとわからないほうが、主人公への好感度は上がりそう。

■火ノ丸相撲
横綱への険しい道が明らかに。大変そうではあるがまあ潮なら出来るでしょーとか思ったトコロで決勝トーナメント一回戦でいきなり天王寺が相手。ビビる。天王寺はどういう扱いになるんだろうか。

先週まではラスボスだと思っていたんだがなあ。板垣餓狼伝の立脇如水ポジションになるのやも知れぬ。この作者にしては珍しい、前評判とか肩書きでキャラの強さを作っただけの前座になるのやも知れぬ。

■銀魂
死にたがってそうではあるが、望んで死ぬ方向には進まないのか。切れた右手から復活(しかもそっちに「本体」を土壇場で移した)とかしちゃう辺り。全力で敗れ去りたい死刑囚っぽい感じか。

■左門くんはサモナー
妹に対するてっしーの表情が怖くて素晴らしい。いい意味でマンネリな作品だけど、こういう風に新境地入れてくるから油断がならない。

■食戟のソーマ
火ノ丸もそうだが予期せぬトコロでいきなり頂上決戦は熱い。観客が小数なのが気になるトコロ。有耶無耶にならなくても、えりなだけが真の勝者を知るとかそういう決着見せそうな予感。一席の意外なセコさに気付くとか。

■BLEACH
剣八覚醒でミラクルの人このまま一気に終わってしまうのか。陛下側近はどいつもこいつも粘っているので盛り返して欲しい。剣八、卍解慣れしてないからすぐエネルギー尽きるからそれまで粘って欲しい。メタ的視点から言っても、トーン貼るの面倒だからすぐ剣八元に戻るからそれまで頑張ってくれ。いや、トーン貼るの面倒だから一気に片付けられそうでもあるんだが。

■斉木楠雄
遊戯王に合わせたのかカードゲームネタ。海藤はもこっち程痛々しくないな。いや、どうだろコレ。近いレベルを感じる。

■トリコ
次郎、頭をアカシアにふっとばされるも普通に生首状態で喋っている。ていうか生首が描かれているってのが衝撃。冨樫先生ですら枠線とか台詞で切断面誤魔化してなかった? 岩にめり込んでいるとは言え頭だけの状態、堂々と描いちゃうんだという衝撃。

次郎がニトロ相手に圧勝しているのが痛快。あんだけ引っ張ってきたブルーニトロ連中がこうもあっさり片付けられるなんて。初期から強者として出ていた次郎がちゃんと強いというのは、尺の都合でも何か嬉しいな。

■磯辺磯兵衛
これも斉木同様、遊戯王に合わせたかのようなネタ。円山応挙の雲龍は牛若丸なんかに比べたら多分に知名度が落ちるが、「最初はメジャーなモンスターを出していたがネタが尽きてきてマイナーな連中も狩り出される」、うっかり人気の出た長期連載が踏む轍を数ページで駆け抜けているようで、そこもまた面白い。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR