1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 27号/2016年

■週刊少年ジャンプ感想 27号/2016年

■火ノ丸相撲
部長圧勝。マジか。まあこの一回戦は日景戦が最大の見どころなのでこんな感じでドラマチック消化もアリ。日景とは誰がやるんだ。当たらないまま済めばいいと大将に置いてたメガネが挑む形になるんだろうか。

■ONE PIECE
イチジ・ニジらしき人物が登場。かっこ良く決めているが、連中も女を前にしたら砕けるんだろうか。

プリンは既にサンジと合ってるみたいなコトを言ってるが、別人臭い。サンジが女を前に引き下がるワケがない。自由を求めて旅立った姉はローラ?

■BORUTO
ボルト、ヨコシマな方法で螺旋丸を獲得したっぽいが、サスケは見抜いていないのかコレ。知ってて受け入れていましたとか後々言い出しそうではある。

■斉木楠雄
佐藤くん無自覚の能力者ってオチは無いんだろうか。周囲を無色無臭ベタ化させる能力。

■食戟のソーマ
まだ中盤だろうし、ここで完璧にデレたりはしなそう。えりなを納得させたらもうゴールだろうし。ちょいデレ程度で。いや、いっそゲテモノ出してもいいよ。

■HUNTER✕HUNTER
ヒソカ、死を覚悟し最後に何か仕掛ける。モノローグすら逆手に取った風呂敷のたたみ方来ないかなあ。着込んだ武装系みたいな変身して余裕で突破、ヒソカの価値観としては「死ぬよりもその姿衆目に晒すの恥ずかしいので使いたくなかった」的な。ビスケのマッチョ化でそれ系のネタは使ったか。

■ものの歩
今回に限らず、驚く程のスピード展開な漫画だ。読者的には退屈な部分をバッサリ切って心地良いんだが、溜めがあまりにも無くてぼんやり読んでしまう弊害も。性別不明っ子がワタモテのきーちゃんっぽくてとっても邪悪。

■トリコ
主人公が笑顔で大ゴマで何かシャウトしていると無条件で正しいと思うのが少年漫画であるが、最後のページのトリコの発言は受け入れていいのか流石に迷うな。恨みは無いが美味そうだからお前を食うって。

■ニセコイ
記憶をみんなが取り戻し、真相に迫る。記憶改竄SFチックであるが、現代劇である当作品は健忘症で捻じ伏せている。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR