1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 28号/2016年

■週刊少年ジャンプ感想 28号/2016年

■鬼滅の刃
矢印がそのまま矢印で描かれるのが何か面白い。妙なコマの使い方をするギャグも増えてきたが、こういうのは結構好み。これまでにない強敵相手なのにそんなギャグは無いだろ感も無くはないが。

■食戟のソーマ
生卵を凍らせておくというのは意外な発想。実際上手いのかどうか分からないけど、食材が身近で容易に想像しやすくて良いネタ。食わせたい相手を見つけたらある意味テーマ的にゴールなのでえりなはまだデレないで欲しいんだけど、薊戦に向けてここで創真をパワーアップさせちゃうのかな。

■HUNTER✕HUNTER
数話前、途中で攻撃の軌道を変えたコトにヒソカが驚いているシーンとかあったし、団長、事前に戦いのシナリオ用意して実際はシャルナークに自分を操作させていたんじゃないかと疑ったコトもあったが、ケータイ返す云々のやり取りからしてちゃんと能力は貸していたのか。

ヒソカが旅団退治を目的とし、クラピカと共闘しそうな状況が整っている。この二人が能力駆使して旅団ハメ殺していくのは楽しそう。

■ゆらぎ荘の幽奈さん
扉絵含めて少年誌的にここまでやっていいのか級の一話であった。いい話っぽく締めているけど、過程がやりたい放題だよ。数少ない人間女がこれまでで一番激しいコトやったからね。

■火ノ丸相撲
マイナス190℃の液体窒素だの全身を一気に冷却だの言い出して冗談かと思ったがマジでそんな治療するのか。いや、冷却って別に凍らせるワケじゃないのか。何故か全身を氷結させるSF的な絵を想像してしまった。

桐仁が試合に出る最初で最後だろうし、大将戦で桐仁VS日景を見たい。大将戦にもつれ込む前に勝敗数の決着付けてくれないかな。副将戦で試合が決まって一見消化試合と化した大将戦を、この作者がどう盛り上げれるのか見たいってのがある。チーム戦で副将で決まった作品って、テニスやバキぐらいしか思いつかないな。

■ふぞろいの分身たち
分身の性格に問題がある、ただそれだけの設定でやたら面白かった。

■ものの歩
スピード敗北。視力のない眼で銀河を見るというのは無駄にかっこ良い。一億人に一人をメリット/デメリット両方にしてるのも良い。弱点無さそう。自分で将棋を選んだか与えられたかぐらいか。ぐらいと書いたが、少年漫画はその差は大きい。

■ニセコイ
約束の女の子って、作中最大の負けフラグだなと思った。

■トリコ
トリコは一足飛びで成長してきたけど、ラスボスと戦えるレベルじゃないのに最終決戦の場に来ちゃった感はある。ロマサガ2なら最初からやり直さなきゃならないレベル。

■BLEACH
卍解は次回公開か。二刀流なのに一本になったりしそうで心配だよ。交じり合わない二本(二種族)それぞれを尊重する形を維持して欲しいトコロ。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR