1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 30号/2016年

■週刊少年チャンピオン感想 30号/2016年

■六道の悪女たち
いきなり女性連中が六道に警戒し出しているかのような流れになり、「陰陽師を恐れる悪霊付きが媚びているのかな?」なんて予想しつつ読み進めていたら、悪女に好かれる体質になったというストレートな答えで意外であった。

これは面白そうな作品。1話でここまで心を掴まれたのはバドミントンの奴以来かなあ。見開き扉に女性一杯出ているけどこの連中の大半は今回の扉限定だよな? ほぼモブだよな? 先出しヒロインとかだと、どいつもこいつも似たような顔付きなので今後が楽しめないんだけど。超可愛い癖に悪女とか期待しているので。

■刃牙道
二体のハゲが餃子を食いながら武蔵とピクルどっちが強いか語り合うだけの回。独歩、色々と両者の強さを列挙しているものの、どっちが強いかという自分なりの答えも出せない。強者二人並べてどっちが強いか談義、こういうのは読者が各々勝手に夢想するべきなんだが作中キャラにやらせているのがどうにも尺稼ぎに思えてならないよ。

食い物描写に定評のある作者であるが、今回の餃子はあんま美味そうではなかった。いつもと違うアシスタントが食い物作画担当したんだろうか。しかし、作中のハゲどもは結構な量食い進めていた。酒のツマミが餃子だけってのは割りと面白い。

そういや武蔵は「刃」、ピクルは「牙」と、主人公の名前たる刃牙に因んでいるカードなんだな。だからどうだって話なんだけど、作者はそこに気付いているんだろうか。気付いてたらその象徴性でまたこの対戦を執拗に描こうとしそうで、本部以蔵の出る幕が益々無くなる。

■弱虫ペダル
敵役のキャラも精神性が気高い奴が多いのもこの漫画の魅力なんだろうか。思考の歪みが敗北に繋がるワケではない、というのは前時代の平均的な競技漫画よりも一段階上に感じる。憎たらしい悪役が少ない作品。去年の三日目にいきなり出てきたチームぐらいでしょ、露骨に悪党だったのって。御堂筋は純粋で、ルールに徹していて、悪と言い難い。

■鮫島、最後の十五日
つい先週まで泡影に対してギラギラしていた丈影が取り組み一つでデレる。デレるというかこれは宗教に近い信奉ぶりで、引く。じわじわ認めていくとかではなく、わずか一戦で現代の関係に一気に変化したよ。丈影がギラついたままだったらどうなっていたんだろう等と考えちゃうな。

■囚人リク
頭蓋と顔の皮を再利用しているだけなんだろうが、表情も変わるってのが怖い。ていうかイチイチ死骸の頭をリサイクルする辺り無駄に思えるんだが、鬼龍院のえげつなさは伝わるのでいいか。

■永遠の一手
増山の娘が登場、彗星社将棋コンピュータ開発の中心になる模様。父娘対決という布陣がここに成立。早い。展開がやたら早い。が、今のトコロダイジェスト感よりも必要不可欠な部分はきっちり押さえて舞台を整えているという感じが強くて問題無し。三角ベースの漫画とかもやたら早かった印象が残っているが、あの作品と比べても密度アリな上での早さなので良い。

父がやたら疲弊している様を見て手心を加える、なんて展開にはならないで欲しいのう。そこは全力でぶつかって欲しい。ドラマ作りとして娘の葛藤が入っても最終的には本気で挑む感じでひとつ。

■マル勇九ノ島さん
一課入りした面々が登場。フレイヤの旧知だったようで突っかかってくる。一課連中、今後どうやって絡めるんだろう。暫くは敵対関係になるだろうし、同じ勇者をどっちが早く救えるか競争するとかそういう形になるのかなあ。

■猫神じゃらし!
ポストイカ娘である以上本気の悪役は出ないとは分かっていたが、それでもオチにはほんわか。

■正義の殺人鬼
ヴォイスが梅美を庇う。そして梅美がキレて自称父親に一撃を食らわす。取ってつけたようなベタな展開で、何から何まで白々しくて、作中で大きな仕掛けを発動する前フリにも思えてくる。その一方でぽっと出で連載勝ち得たこの作者には実はこれがガチ/限界なのではという気持ちも浮かんでくる。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR