1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 30号/2016年

■週刊少年ジャンプ感想 30号/2016年

■食戟のソーマ
天下のジャンプ作品をもってしても礼文島がファンの聖地巡礼対象になったりはしない。そもそも礼文島で何やるの。ウニか? ここに限らずウニはどこでも良さそうだが、他に無さそう。 湾岸ルートも内陸ルートも、どちらも面白そう。ヒグマと戦ってくれないかな。

一色が包丁出したシーンで笑った。町中で出したと思ってしまったし、次のページ、それが続いているのかと読み違えて「そら通行人も動揺するわなー」等と考えて笑ってしまった。

■ONE PIECE
ジンベエ、手か足もがれるのかな。能力的に寿命30年分とか奪えばいいのに、そういうコトはしないのか。今回の魚人のマムの娘も話の分かるキャラで、子供は結構まともな奴らが多い印象。何故この親からそんな子供たちが。反面教師にしている風でもないし、普通に親尊敬してそうだし。

ワンピースパーティーなる漫画も収録。尾田先生とほぼ同じ作画なんだが、アシスタントだろうか。そうだとしても、尾田先生は今でも動くモノは全て自分で作画しているのならアシの持ち腐れにも思える。

ハイルディンは言われてみればそうだよなあ。比率とか無視して重量で決めるのなら全裸参加になっちゃう。

■火ノ丸相撲
オリジナルを越えるかのようなコピーの描写が素敵。

■斉木楠雄
ここまで抜けている斉木は久々。シナリオの犠牲になったのか。

■HUNTER✕HUNTER
クラピカ側の護衛がボロボロと殺されていく。犯行者は赤ん坊王子かのう。邪悪なオーラ見せてたし。いやあそこまで露骨に邪悪な雰囲気出していたから王子はフェイクかのう。

センリツが察したカチョウの自分偽りはどっちだろう。実はいいキャラだったりするのかな。まーちょっとずつ王子もキャラ立てされてきて、読んでて取っ掛かりが出来た。それでも混乱しまくる密度だが。

■たくあんとバツの日常閻魔帳
牛の分際であんま胸が無い辺りに作者の性癖が見て取れるし、嘔吐や腹痛もまた深い闇を感じさせる。牛頭、強キャラなのにやけにあっさり陥落したなあ。この漫画はこれぐらいのテンポで良いと思う。殴り合いに無駄にページ割くようにならずに、これからも軽くアイデア入りの戦闘でポンポン進んで欲しい。

■鬼滅の刃
十二鬼月じゃなかったって、実際の十二鬼月を全員登場&退場させられるのかという不安が先に出てしまうよ。未登場の中ボス連中でありながら十把一絡げコース確定じゃないの?

■トリコ
ギネスの足がもげていた時は八王ですら一掃されちゃうのかと落ち込んだが、その後竜の頑張りで盛り返した。

■BLEACH
一護が本気で絶望してて笑った。諦めるの早いでしょ。卍解が切り札でそれ以上何も無かったんだなこの人。こんなにメンタル弱かったっけ? 陛下、一護から力を奪う言ってるけど、これが突破口になるんだろうか。余計な物取り込んでしまったとかで勝手に弱体化しそう。藍染も勝手に弱くなってたし、今のこの未来改変能力とか知らん間に失いそうなんだが。

白い人のバランスも中々無体な能力なんだけど…石田の完全反立で盾と本体を入れ替えれば倒せそう。指定された二点と言ってるし、自分と相手じゃなくてもいいんでしょ。

■磯辺磯兵衛物語
草履の裏に何があるのか。男塾なら塾長の顔だけど、春画でも貼り付けているんだろうか。アレクサンダー氏、実直極めているので春画攻撃効きそう。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR