1. Top » 
  2. 読書 » 
  3. ■ヒュー・ロフティング「ドリトル先生と月からの使い」/岩波少年文庫

■ヒュー・ロフティング「ドリトル先生と月からの使い」/岩波少年文庫

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

導入はケッチなる犬の半生の物語から。この犬はこれまでの動物半生語り以上に人間様を馬鹿にしている。鳥目線、ネズミ目線、犬目線と、動物毎の価値観で語られるこのシリーズは面白いっちゃあ面白いがそろそろ飽きてもきた。

第二部からドリトル先生はついに虫との意思疎通を図り始める。虫ぐらいまで来ると流石に反射や本能のみで生きていそうで、連中に心を持たせるのは無理を感じるし、そこまで広げると生態系的にも厳しそう。鳥は虫食うんだよ。虫の気持ちまで理解出来るようになったら鳥達にしわ寄せ来そうじゃん。ゲンゴロウの冒険譚とか面白かったけど。

そして巨大な蛾が登場し、それがどうやら月出身らしいと当たりをつける。タイトル通り月がいよいよ関わってくる。蛾の背に乗って月へ向かう様は科学とファンタジーを上手く練り合わせた着地になっており、これは子供にはワクワク物だろうなーと感じた。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR