1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 38号/2016年

■週刊少年ジャンプ感想 38号/2016年

■ラブラッシュ!
ラブコメの分際で高速でカップル成就になりそうで、これは新しいかもと思ったトコロで異種族大量登場で有耶無耶に。言え。そこで言っちゃえ。好意を持っている連中みんな集まっているんだ。その場で言って全員キッチリ振ってしまえ。それができたらラブコメ史上最も好感度高い主人公になれたというのに。

■ONE PIECE
北斗の拳世代にはうぬは二人称なので読んでて違和感を覚えるよ。

■BLEACH
この作品も子供キャラ使って派生でもうちょい稼ぐ気かよーだのと一瞬思ってしまったが、次世代に繋げる最終回というのは締め括り方としてよくある一つなのかも知れないと考え直す。藍染が何かいい感じの台詞言ってまとめているのは面白いな。この人一護戦の時沸騰して相当テンプレなボス発言していた癖に。

■火ノ丸相撲
協力するという一イベントでも、ちゃんとリアルな理由を語る辺りが相変わらずこの漫画の良いトコロ。「かつて戦ったんだしーこれからは仲間だぜー」みたいな昔のバトル漫画みたいなノリではなく、メリットを説明しているのがよい。

■約束のネバーランド
ママのモノローグも出て本格的に悪役と判明した。ママにも番号ふってあるし、食料候補なのか。生き延びる為に自分以上に美味しい餌を作ると鬼達に約束している感じなのかな。小さい頃からそんな生活をして気付いたらママとしてこういう場を作っただの、切ない過去が欲しい。

敵味方、得た情報を洗って知っているコト/どこまで知られているかを検証した上でぶつかっているのが良い。駆け引きしてて良い。

■鬼滅の刃
誰にでも剣を向けていたからこの猪も敵かと思っていたが、鬼殺隊合格者だったのか。善逸、声で猪がせっかち合格者と知るが、当時は別の被り物被っていたのかな。当時素顔出していたら最後の美形で驚くコトもないだろうし。いや、顔自体が変わったのかも知れない。そして今回も台詞が面白い。「やめろそういうことするの」がツボ。

■ゆらぎ荘の幽奈さん
惚れ薬が切れて素に戻るというのは羞恥度高いネタであるが、惚れ薬中の記憶が全く無いほうがいいよなあ。いつの間にかブラまでズラしていたってのに笑った。

■左門くんはサモナー
さり気なく重要な話ではないか。アンリはそれ程までに大きな存在だったのか。

■たくあんとバツの日常閻魔帳
口の中に手を突っ込んでいるコマに少々性癖を感じたぐらいで、今回は大人しめ。いや手を突っ込むってのも別に性癖でも何でもない絵の一つかも知れないが、口を手で塞ぐのではなく突っ込んで頬を内側から張らせるって辺り性癖感ある。

■トリコ
自分を食わしたチチがグロくて笑った。最初煙で本体の一部しか見えてないのかと思ってたら、自分の身を物理的に削ってガリガリになっていたのか。

話がエスカレートしまくっているので、父が誰かとかもう気にならないレベルだよ。

■磯辺磯兵衛物語
磯兵衛は当初から勝手に周囲が勘違いして成り上がっていく要素もあったので、今の建国シミュレーションはそれを特化したネタで面白い。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR