1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 41号/2016年

■週刊少年ジャンプ感想 41号/2016年

■食戟のソーマ
十傑から抜けた三人はみんな反逆者側のサポートするんだろうか。するよな。しないと、出番無いよな。

熊肉の臭みを逆に武器にするには久我よりももこっちのほうが適任な気がする。もこっちをどうしても再登場させて欲しいが故の感想。

■斉木楠雄
明智のせいでびっくりするぐらい読み難い漫画になっている。銀魂ばりに。

何か表情がLっぽいなーと思って読んでたらデスノートネタ出てきたし意識しているんだろうか。まあ、名前や事件解決云々の設定からして探偵キャラではありそう。

■ゆらぎ荘の幽奈さん
何故こんな話をいまここでするのか。最終回の可能性の一つとしてとっておけばいいのに。最終回のパターンを一つ潰しておいたのか、連載30回で改めて当初の目的を思い直してみたのか。

幽奈はサービスがあっても乳揉みか全裸ばかりなので、次回以降また他のキャラで擬似行為に及んで欲しい。

■BORUTO
敵が出てくるとこの世界も別に平和にはなってないんだなーと痛感する。

■レッドスプライト
やたらシンプルに展開している。分かりやすい外敵以外にも内紛が欲しいなあ。じゃないと現メンバー全部モブ止まりになりそうだよ。

■火ノ丸相撲
一つの作品にラスボスが二人いる熱い火ノ丸相撲であるが、それも来週には一人に確定してしまうのか。

ナーガに負けてもライバル扱いされていた王城のように、草介が負けてしかしライバル、という感じかのう。初期から出ていて負けない宣言してから初めて潮が土つけられた相手だし。

■ラブラッシュ!
ちょっと主人公の好感度下がったぞ。結婚式邪魔した楽っぽくも見えちゃったぞ。が、女性に告白されてはそれを断る定形が今後も続くのならこういう回があるのも致し方無いコトか。

■約束のネバーランド
むしろヒントに気付けなかったコトで容疑の圏外に置いて貰えるんじゃないんだろうか。

ママ、飼育者の中でも有能な人材と判明。負ける折には、「自分を止めてくれる人材を育てられて光栄だ」だのいい人化しないでね。

■左門くんはサモナー
アンリは本編でもラスボスになりそうな予感がしているので、このMMO編をシリアス方向に積分すればこの漫画の着地が何となく分かりそう。

■トリコ
スケールも極限まで来てて最高の最終決戦なんだが、それ故に作者の画力がもっとあればなーと思ってしまう。バスタードの作者とかの絵で見たい。

■たくあんとバツの日常閻魔帳
全裸スリスリは近年のジャンプでは出色のヤバさであった。これはアリなのか? 足を開いてなければ言い訳が効くんだろうか。足を開いていないのは作者の性癖なだけかも知れないが。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR