1. Top » 
  2. 読書 » 
  3. ■夢枕獏「神々の山嶺」(上・下)/集英社文庫

■夢枕獏「神々の山嶺」(上・下)/集英社文庫



カトマンドゥの裏街でカメラマン・深町は古いコダックを手に入れる。そのカメラはジョージ・マロリーがエヴェレスト初登頂に成功した化どうか、という登攀史上最大の謎を解く可能性を秘めていた。カメラの過去を追って、深町はその男と邂逅する。伝説の孤高の単独登攀者。羽生がカトマンドゥで目指すものは?

文庫上下巻で1000ページ超過の作品。夢枕作品の中では改行の割合も少なめな部類で、ページ相応のボリュームがあった。

上巻の雰囲気が「月に呼ばれて海より如来る」に近いものがあってその時点でもう楽しい。山を扱っている共通点のみでそう感じたのではなく、深町が羽生という人間(の過去)を捜索する様が、「月に~」で主人公がオウムガイを調べていたあの感じに似る。で、この探索でどんどん羽生が掘り下げられている様が楽しかった。この作品は現実と地続きである為オウムガイファンタジーとは異なるジャンルではあるが、この上巻はどことなく幻想小説を読んでいるような高揚も抱いた。

羽生の試みる前人未到の偉業、これも最後の最後まで成功するのかどうか見えなくてページを繰らさせられた。「フィクションだし、現実ではなし得ないコトも達成させられるだろ」「いや、山を知っている作者なだけにそこは聖域として未達成で終わるのではないか」、読んでる最中はこの二つの気持ちが鬩ぎ合った。

面白かった。また数年後に再読するコトになるだろう。夢枕獏の貴重な完結作品だし。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR