1. Top » 
  2. 読書 » 
  3. ■笹沢左保「木枯し紋次郎 (八)」/光文社文庫

■笹沢左保「木枯し紋次郎 (八)」/光文社文庫



「念仏は五度まで」「命は一度捨てるもの」「狐火を六つ数えた」「砕けた波に影一つ」、以上4編収録。

大昔に読んだ時は二期作品は微妙という印象であった。で、今回もちょいと微妙かなーと、同じ感想を持っている。紋次郎のキャラ人気に依存した感じで、これまで程話一つ一つが練られていない感じ。

「狐火を六つ数えた」、意外と義憤に近い行動原理を見せて、ちょっと紋次郎らしくない気もした。以前の紋次郎ならもっとこうそこまで酷い世の中を見てもスルーしていたんじゃないかなあ。結構ストーリーへの絡め方に作者も苦戦していると感じる。

「砕けた波に影一つ」、閉鎖空間かつ船上というコトで、新鮮な気持ちで読めた。シリーズも長く続くと読んでて変化球を求めるようになるのう。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR