1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 46号/2016年

■週刊少年チャンピオン感想 46号/2016年

■六道の悪女たち
3人目の悪女・姫野はバイク女。課長との絡みもあるし、そろそろ主人公以外の脇役の掘り下げも来るのかな? 課長と思わせて大佐が活躍してもいいんやで? 主人公の脇二名、いいキャラなんだけどイマイチ活躍の場を設けられていないからなあ。そろそろ頼む。

■刃牙道
本部以蔵、色々と頑張るが最終的に腹を斬られる。

アラミド繊維的なサムシングで乗り越えるのかなあ。アラミド繊維の説明が事細かに来るけど、それでも斬られてました的な流れになるんじゃないかと予想している。

本部VS武蔵は名勝負になる。そんな風にメディアで語ってたそうじゃないですか作者。それなのにここで終わるなんて、肩透かしもいいトコロ。なので、もうちょい粘ってくれると信じている。本部以蔵灼熱の時はまだ訪れていないでしょ。

■実は私は
人外、この学園に結構いっぱい居た。これはまあ、住んでる世界が違うかな。モンスターまみれの世界。モンスターハンターになるのもこの世界を生き抜く一つの選択かな。

最後の気付き、出鱈目七不思議の捏造かね。

■BEASTARS
肉食獣と草食獣、住む世界が違うだけあって、食事内容も異なる。

■あつまれ!ふしぎ研究部
催眠術で透視能力ゲット、女性レギュラー御三方のお裸を見れるようになる。やっぱ今作はセクシー解禁路線で行くのかなあと再認識した。

■毎度!浦安鉄筋家族
滝に打たれる修行をしているシーンで楊海王みたいにジャがられるラストをついつい予想してしまった。このキャラ、僕がチャンピオン購読し始めてから出てきたコトあるんだろうか。さっぱり覚えてない。

■マル勇九ノ島さん
魔王が父の愛情に気付くってのが何か良いな。父、あのままクズでも良かったような流れなのに。

■吸血鬼すぐ死ぬ
赤子が仮性吸血鬼になって、異様なパワーを発揮する話。これは住んでる世界が違う。作中で過剰に保護されているジョンですら悲惨な扱いを受けているではないか。

■Gメン
ほぼ何の説明もなく、幽霊でも愛してくれてありがとう的に成仏するオチであった。モテない男なら例えバーチャルな存在相手でもこれぐらいやりかねないワケであるが、かの幽霊にとってはとかく嬉しい行動だったんだろうなあ。

■ネズミと花火
鏡から出てきたパーフェクトドロシィとの対決がファイナルステージの模様。理想の具現化であり、もうこれは住んでる世界が違う。通常ドロシィはどんな奇策で勝利するのだろうか。うっかりぶりもパワーアップしているとかそういう方向で自爆するんだろうか。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR