1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 49号/2016年

■週刊少年チャンピオン感想 49号/2016年

■六道の悪女たち
無自覚無知での違法行為も悪女判定されるのかな。とか思ってたら、白バイコスプレが完全なる違法と分かっててやってるなんてオチが来るかも知れぬ。姫野はまだ底が見えないぞ。

■刃牙道
「勝負あり!!!」
マジで? 本部勝利なの? 武蔵は烈戦で擬態を演じていた件があるのでまだ信じられない。裸絞食らって舌出して窒息チックな絵があるけど、これも演技で済まされれそうで油断ならない。勝負ありコールで雌雄が決していても、「他人が勝敗を決めるのか?」だの嘯きそうだよ。

武蔵の孤独に今更追いついたという素敵モノローグもあるのにどうしても本部勝利を疑ってしまう自分がいる。本部、アライジュニア編におけるジャックポジションになれるの? 武蔵はこれから今までさっくり倒してきた連中にリベンジされちゃった果てに刃牙に倒されるの?

■あつまれ!ふしぎ研究部
シチュエーションによって女三人の強み弱みがはっきり変わってくるのがキャラ作りとして良い。オカルト女が今回は強かった。強い分何故か目立てなかったという弊害もある。

■怪獣のトカゲ
またチャンピオンにイカ娘が登場。海ではなく山版。この手の何も大きなイベントが起こらない日常系を好むようになったら病んでる証左と思っている自分なので、今作に特に何も高揚を感じなかった以上、僕はまだ大丈夫。

■実は私は
狼男の人、その衣装でいいコト言わなきゃならないのがキツいな。

■BEASTARS
これぐらいチョロい女だと思ってXbox忘年会に上京した人もいるんですよ。あの日彼の睾丸は凄い勢いで精液を生成していたんです。京都東京間の新幹線で期待にパンパンになった金玉を大人しくさせるために何度もトイレに駆け込んだんですよ。

恋愛経験の無い人がちょっとしたコトで浮かれる様を描いてて、生々しかった。

■あ~そぼっ!
竹馬でジャンプというのは想像するだけで怖い。足の極々一点にダメージ集中するじゃん。

あとマサイだの、イメージで半裸絵描きたいだけなんじゃないのかな。小学生ぐらいだろうしその手の絵にはやや抵抗があるかな。まあやけに巨乳で小学生感ないけど。

■マル勇九ノ島さん
最後の再選択って何をするんだろう。原理勇者誕生前まで戻っちゃうのかな。作られた思い出をリセットするってのに抵抗が生まれ始めている模様。リセットしないで済むように、お花畑がまた熱血的なシャウトで奇跡を起こしてくれるに違いない。リセットされても記憶が残ってるパターンでも可。

■木曜日のフルット
子供の頃はこういう慣用句理解出来なかったなー。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR