1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 50号/2016年

■週刊少年ジャンプ感想 50号/2016年

■食戟のソーマ
肉魅とか負けてるんだが、これどうするんだろ。まあ、何とかするんでしょう。ユルユルな展開も目立ち出したので、田所退学の頃ほど危機感覚えないなあ。

■火ノ丸相撲
相撲が好きでも無さそうで強い、というのは憎たらしい造形も出来そうなトコロをあっさり一話内で弱点も明かしてきたな。

三連勝が確定している中、どうにか読者を揺さぶろうとする台詞回しも良い。

■左門くんはサモナー
ホントにこのままキン肉マン化するんじゃないかと心配になってきた。バトルものはなあ、軌道に乗ったらラクな部分もあるからなあ。そっち行きたがりそうではある。

■トリコ
これまでの冒険を振り返りつつフルコースをお披露目。よくまとめたなーと思わせる最終回であった。え? 最終回は次号? 最近の長期連載最終回の傾向からして、トリコとリンの子供が小松の子供と初対面して冒険に出るんでしょ?

■青春兵器ナンバーワン
ごまかすのバカバカしくなってきたという台詞にこの漫画の基本が集約されている。諦めないでこれからも誤魔化す努力を頼む。そこにドタバタが発生するんだから。

■斉木楠雄
ガチで人気無さそう&作者も使いあぐねていそうな鳥束も何とか再利用出来つつあるな。ギャルとセットの戦隊チックな感じで。

■約束のネバーランド
線引きしないでねのエマの顔、怖くて良いな。陽性でまっすぐなんだけど融通効かなそうで怖い。ゴンみたい。

■天使にエールを
え?こんだけ?というオチであったがこれは何か好みな漫画。記号っつーかパーツが一昔二昔前の絵だよなあ。全体的に稚拙でありながら仕上げが丁寧な絵柄とかそういうのに自分は弱いのかも知れない。

■ラブラッシュ!
終わったかー。終盤駆け足気味で過去の記憶がどうのとか分かりにくかったな。出会っていた系は練れば面白くなるのでちょいそこは残念であるが、巻末コメント通り最後まで心を込めて描いた感が伝わる一作であった。

誰が好きなのかいきなりはっきり言うとか、世のラブコメ主人公が持つ欠点を一話から拭ってきた意欲作であったと思うよ。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR