1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 51号/2016年

■週刊少年ジャンプ感想 51号/2016年

■デモンズプラン
最近新連載をすぐに脱落してしまう自分なので今作が頑張って食らいついて行こうと思う。

ボロとカルロスの関係が良い。特にカルロス、二番手キャラは透かした奴が収まるポジションだけど、非常に素直でボロを真正面から尊敬しているというのが良い。ていうか主人公の名前ボロっていうの何か酷いな。日本人感覚だと酷いネーミングに思える。

偽デモンズプラン、手が出てきたのは何だったんだろう。しょぼい仕掛けだけど、子供時代の二人には凄いリアルに映ったんだろうか。

本物のデモンズプラン、ジョジョの矢ぐらいの扱いで特殊能力開眼の装置の模様。案外ポンポンと目覚める/目覚めた連中が今後出まくるんだろう。

■ONE PIECE
ママの提案、本音なんだろうか。ちゃんと結婚したら麦わら一味開放してくれるんだろうか。まあ本音だとしても今回はルフィ一行がグジャグジャにしちゃうんだろうが。今回は? グジャグジャにしたらママが被害者っぽく映るので、裏があって欲しいのう。

■トリコ
宇宙へ旅立ち、これからもトリコと小松の冒険は続くよエンド。エスカレートにエスカレートを重ねてきた漫画なので、ラストにもまたこんなインフレを見せても、「その冒険が詠みたい!」という気持ちは沸かず、ああ何だかトリコらしい終わり方であるなーと感じたよ。

■約束のネバーランド
く、余計なコトを!というヒキ。この勝手な行動が良い方向に転がってくれればいいなあ。部屋に証拠を残しちゃったり、そういうミスをしませんように。

■左門くんはサモナー
真の姿は疲れているってのと巨大盛り塩ぐらいしかギャグが無くてちょい不満でもあるが、シリアス編もこれで一段落ついたので良しとする。またドタバタ再開してくれれば良し。

■BORUTO
術は吸収するから体術で戦うというシンプルなアンサー。幽遊でシュラが黄泉に挑んだ際、肉弾で戦うのがベストだったのだろうかと思った。で、肉弾も劣っていただろうし、あの時点では打つ手は無かった。

■火ノ丸相撲
蛍の葛藤フォロー。ああ、潮はどういうタイプか分からないからなあ。手段を問わずに勝とうとするのを是としない性格かも知れないから、蛍がこんな不安を抱いていたとしても仕方あるまい。

■青春兵器ナンバーワン
ケロロ軍曹みたいなのが来てしまった。この造形は露骨過ぎる。この漫画、そういう方向を目指していたのか。キャラが増えれば幅も広がるだろうし次回以降の展開次第。

■食戟のソーマ
十傑の過半数になれば退学を取り消せるという流れに。そ、そうなの?

次々敗北する女性陣がことごとくエロくて久々にこの漫画の本領を感じた。

■磯部磯兵衛物語
切断するのかと思ってハラハラした。切断してもこの漫画ならどうにかなりそうだし、あのオチは切断同様にこれからどうするのレベル(どうもせず戻る)。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR