1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 1号/2017年

■週刊少年チャンピオン感想 1号/2017年

■刃牙道
板垣版餓狼伝での姫川VS藤巻だったろうか、「分かる者(達人)には分かるではなく、誰の目にも明らか」という感じで、武蔵のエア斬撃が全国全世界に公開。一般人でも理解可能なほどエア斬撃は研ぎ澄まされている。まあ勇次郎のエア味噌汁も普通の人に見えていたから、エア行為として初というワケではない。が、これでますます剣に斬られる概念の無かったレア存在のピクルがあのような結末を迎えたのが勿体無いという気にもなってくる。

そもそも武蔵は何でテレビ出演したのかという謎は残る。トラムプ回挟んですでに忘れかけていたが、この人本部に負けてるんだよな。もう偉そうな雰囲気回復してるじゃん。

■弱虫ペダル
作法として、過去は今作れる、というのを活かしている漫画だなと感じた。伏線を仕込んでおくのではなく、いま過去を作る。今回で言えば「はい」という言葉で安心する、という辺り。

■猫神じゃらし!
巨乳セーターの暴力を堪能した。

■ハリガネサービス
下平は前向きで陽性なアクション起こしているだけなのに、どうしてこうも邪悪さを感じるんだろう。子供の無邪気さは時に残酷、というあの感じだろうか。

■吸血鬼すぐ死ぬ
ジョンはドラルクにこんなに懐いていたのか。ロナウドと大差ないと思っていたが、そういやこれまでも気を遣っていただけっぽかったな。

■BEASTARS
本音が見えず緊張感のある展開で楽しい。が、トラも別に悪い奴では無さそうだ。シンプルな肉食獣マインドを出しているけど、見返したい的な分かりやすい行動原理だし。レゴシ、見事な立ち回りで主役を食っちゃうのかなあ。その時トラが嫉妬しないで賞賛すれば益々心地よい流れになる。

■PSYCO LOAD
作中キャラの倫理観ズレで意外性出してくるの、良い。ポロポロ泣き出して嬉し涙でしたという流れ、良い。

■実は私は
葉子が吸血鬼とカミングアウトするシーン、ベタなのにウルっと来たな。白雪の悲劇を払拭してくれるのか、繰り返してしまうのか。払拭して大団円に向かうのが綺麗な締めくくりだけど、繰り返して白雪を仲間に取り込んで別アンサーを探すのも良さ気。

■ミラクれ!微超能力部
やってるコトがいちいちブラックで面白いではないか。一話完結系、ほのぼの日常ばかりではなく、この手の黒めのショートショートもチャンピオンに欲しい。

■放課後ウィザード倶楽部
次回最終回。広げた風呂敷を細やかに畳む、そんなレベルEみたいな締め方になるのコレ。

■マル勇九ノ島さん
作画に笑った。落とさないだけマシと考えればいいんだろうか。

これまでの積み重ねからしたらリリウムだけここに来ちゃいけない人だけど、色々変わって理想的勇者になっているというコトなのかな。

■ミドリノユーグレ
ビンゴの目指した世界を別アングルからパパが是に見せるこの展開は面白い。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR