1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 1号/2017年

■週刊少年ジャンプ感想 1号/2017年

■ONE PIECE
サンジは捨て駒扱いなんだけど、そんなのを押し付けられたとビッグマムが知ったらどうなるんだろうか。逆にルフィと協力してジェルマに攻撃仕掛けてくれそうな気もする。が、そこは突破口にならないんだろうなあ。

対話の拒否/相互不理解が話を複雑に時に面白く転がす手段に成り得るし、ワンピースは良くも悪くもそれを実行実現している作品。たまにはすんなり物事が解決するエピソードも見たいものだ。

■鬼滅の刃
ちょっと鬼に同情した。胡蝶しのぶ、初登場の今回はサイコ女に過ぎないけど、首を斬れないトラウマが生まれた過去なんかがその内描かれるんだろうか。

■オレゴラッソ
市野が登場した瞬間は悪い奴が出てきたと思ったが、ラストの演出からして主人公のパートナーポジションに収まるんだろうか。しかしキャプテンのやり方も悪くなさそうだ。キャプテン、寡黙かつ主人公を認めつつあるシーンもあるし、下克上対象とも思えない。守備一辺倒ではなくちょっとは攻撃も取り入れてやるか、ぐらいのトコロに落ち着くのかな。

■火ノ丸相撲
ロマン優先なら外人力士は悪役になってナンボなんだけど、ちゃんとそのデメリットや苦悩を入れてくるのが良い。就職活動なんだよ!のシーンは軽く脱力してしまったが、他にあのモンゴル人の死活を表現するに相応しい言い回しも無いしなあ。

■約束のネバーランド
激高した理由が気を遣われていた、というアンサーは良い。感情まみれの行動の真意が理性的かつ客観的ってのは以外で心地よく騙された。

■デモンズプラン
町並みとかいい感じの描写。戦うにしても闘技場的な被害出ないようなエリアではなく、この手の市街戦は楽しみである。出てきた敵、周囲の人間気にしなさそうだし。

■非正規雇用死神パマパマ
現代社会の世知辛さを死神に当てはめてギャグにした内容。突飛なようでいて、何か既視感ありまくりな設定。死神つながりで、是非ブリーチの後釜を狙って欲しい。

■私が甲子園に連れてったる!!
この作品も、ジャンプでは中々ヒットが出ない野球漫画の代表になるぐらい頑張って欲しい。

■食戟のソーマ
親父が自分のこれからの人生を賭けるコトで薊は連隊食戟を受諾。こ、ここまでやるのか親父。が、ここまでしなきゃ薊は動かなかったからなあ。

■しりこだま!
尻子玉引っこ抜きがあまりにもしつこくて笑ってしまった。これは普通に子供に受けそうな作品。

■青春兵器ナンバーワン
登場即掻っ攫われる白百合の図。可愛い。

■左門くんはサモナー
硬くなるのはこの漫画的にアリなの? イカ娘作者が新作でそっち方面解放してきたのを思い出した。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR