1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 6号/2017年

■週刊少年ジャンプ感想 6号/2017年

■ONE PIECE
マム、骨にお嬢さんと呼ばれたのでデレたりするんだろうか。

色々教えたのに結局記憶を改竄しちゃうなんて、プリンは何故イチイチレイジュにあんなコト語ったんだろう。サンジに聞かせているんじゃないかと思えてくるではないか。演技キャラはどこまでが演技か分からないので、ある意味幻術。

■鬼滅の刃
自分、女キャラの見分けがついてなかったので、首抑えられてて思念を実体化させて追ってたのか等ワケの分からない解釈をしかけてしまった。ラストは見開きでドンと幹部っぽい連中が登場。この漫画にしては珍しい展開だなーと思った。そして、こういう幹部登場シーンは毎度自分の中では盛り上がる。

■ゆらぎ荘の幽奈さん
双六なのであれこれ何でもありな強引なサービスが出来そうなのにほぼ風呂のみ。

■デモンズプラン
正義欲。今は味方でも中々にたちの悪そうな展開が待ち構えていそうであるが、ベタなオチばかり予想出来ちゃうのでどうにかズラして来て欲しいトコロ。

■火ノ丸相撲
草薙に負けて挑戦者の立場になっていたが天王寺はやはり「横綱」こそ似合う、という感じでの格上げ回。両者草薙に負けてるんだよなあ。その共通点を描きつつ、何かの差が勝敗を決めるのかな。

■約束のネバーランド
化かし合いが毎度毎度面白いな。数多いほうがボロ出しやすいので、主人公サイドが不利なのもハラハラさせて宜しい。

■オレゴラッソ
嫌味のない主人公なので安心して読めるな。スポーツ漫画はそんなにハマらない自分で、つまりはさほど免疫が無いのでこれぐらいシンプルで不安を抱えずに読めるのはありがたり。

■青春兵器ナンバーワン
教官でこれならもうバレる心配は無さそう。

■磯辺磯兵衛物語
新年恒例父親登場回。先生と父親が邂逅する。家庭に問題があるだのいきなり失礼なコト言い出すし、父親代わりだのそれっぽいコト言ってるのに対してきっちり突っ込んでくれて面白い。

父親、頭髪の異常性以外に難しいコトが好きで、髪を生やす等の奇跡を起こせるのが判明。両親共に超人で、ますます磯兵衛はどうしてこうなったのかという疑問が沸く。運に全振りなのか?

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR