1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 7号/2017年

■週刊少年ジャンプ感想 7号/2017年

■鬼滅の刃
柱9名一気に登場。濃い目でドタバタした性格付けがされてて、今後の活躍が楽しみである。貫禄とか全くない連中だが、トップが妙に寡黙な連中ばかりなのも今日日の漫画じゃありきたりになりつつあるので、こういう路線のほうが良さそう。ビジュアルとかで何となくナルトを思い出しちゃうのは致し方ない。

恋柱が特に気になる。恋がどう戦闘力に繋がるのか。いや愛する気持ちは何よりも強いだのそれっぽい設定には出来そうだけど、何かズラしてきてくれそうで楽しみ。

蛇も気になる。生き物色々いるのに蛇限定ってのが。獣柱じゃないってのが。蛇はまあ応用効きそうだからね。ロープになったりムチになったりと。

■ONE PIECE
姉、何か企んでいるんじゃないのか? プリンのせいで誰も彼も疑って読むようになってしまったよ。

■約束のネバーランド
シスター、脱落の模様。ヤケクソになって子供たちが脱出企んでいるってのをゲロっちゃうのかなあ。意外な方向から作戦が頓挫しつつある。

■忌の重倶郎
全体的に面白かったが、ローラースケートだけ引っかかった。落ち武者要素ない装備だよなあ。描きたかっただけだろうか。重倶郎の経歴内の「撤退中」で逃げ足の早さ繋がり?

■斉木楠雄
相卜がヒロインの一角みたいになっておる。転校生勢では好感度高いキャラとは言え随分な出世。

お婆ちゃんへの陰口が久々に辛辣で作者の黒い部分出てきたなーと思ったが、30は越えているというフォローが入る。30どころじゃない。

■オレゴラッソ
潰れ役という語感の悪さで早々に切れるかと思ったら真面目に意味考えていた。どんな役なのか分からないけど、多分この主人公はスタミナ無尽蔵で潰れないんだろう。部長がその様を見てまた評価を更新するんだろう。

■火ノ丸相撲
刹那で成長する力士には二日なんざ十二分に成長出来る時間という話。連載のリアル時間で結構経っているからね。一週間のバトル終えて「あー一年間戦ってた気分だぜー」的メタネタを思い出す。

■青春兵器ナンバーワン
13はデフォルメ体形じゃないのか。普通に悪漢な容貌だし、これはレギュラー化出来ない。シングルナンバーに匹敵する実力というのももう前フリだけの設定だった。

■デモンズプラン
もう一人主人公立ててみました的な過去エピソード。このままじゃホントにただの正義感の塊キャラになるので、あえてカットされている過去があって欲しいトコロ。

■磯辺磯兵衛物語
全裸を求めていた連中が着衣の下はノーパンというシチュエーションに満足していいのか。ソーマ以上にフェチなオチであったので本家取りと言って良い。

思えば磯兵衛も連載長いな。出落ち系漫画は一瞬の盛り上がりを見せてもいざ連載持たせたら速攻で飽きられるものが多そうなのに(ジャンプならWEBの群馬のやつとか)。運が良かったのか作者が飽きられないよう頑張った成果か。後者強めの両方だろうな。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR