1. Top » 
  2. 読書 » 
  3. ■夢枕獏「猫弾きのオルオラネ」/ハヤカワ文庫

■夢枕獏「猫弾きのオルオラネ」/ハヤカワ文庫

「ねこひきのオルオラネ」「そして夢雪蝶は光のなか」「天竺風鈴草」「こころほし てんとう虫」「年末ほろ酔い探偵団1」「年末ほろ酔い探偵団2」「ばく」、以上7編からなる連作短編集。

架空の植物・生き物の特性を解体する話も多く、これは陰陽師。陰陽師と違ってファンタジーな装飾で作り上げられているが、読んでて印象はどうしても重なるかな。闇狩り師でもそう思ったし、夢枕獏のストーリーテリングの基礎なんだろう。

音楽の描写がやたら多く、作者の作品の中では珍しいかもと思った。いや、陰陽師でも音楽扱っていたな。山とかカメラとかも相変わらず出てくるよ。

「そして夢雪蝶は光のなか」が150ページほどある中編。他の作品があっさり終わるのに対して、程良いボリュームで読み応え十分な一編であった。作者当人は気恥ずかしがっているが、真っ当な青春物してて良い。自身の過去を引き出しにして書いたから恥ずかしいんだろうか。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR