1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 11号/2017年

■週刊少年チャンピオン感想 11号/2017年

■六道の悪女たち
鬼島連合トップ陣がいよいよ動き出す新展開。ナンバー5の恐らく双子であろう女二名がどういう扱いになるのか楽しみ。六道の陰陽パワーが通じず、実は悪女ではないというオチになるんだろうか。通じて速攻で仲間化は味気ないからなあ。

向日葵が過去の鬼島連合を潰していたというのも判明。いよいよ向日葵も掘り下げの時が来たのか。台詞も少ないしモノローグ/心理描写も無いキャラなので一話から登場しつつも謎しかない存在だからな。もうマシーンというか動物みたいな感じになっているので、これから血肉の通った人間として描かれた時自分はそれを受け入れられるのか心配でもある。

■吸血鬼すぐ死ぬ
母思いはチャンピオンの看板たる刃牙もそうであるし壁や障害になる父に対して無償の愛を注いでくれる対象として描かれるコトも多いので必然マザコン的なキャラが生まれるのも致し方ないトコロであるが半田はそれに泥を塗るレベル。

■刃牙道
ゴム弾はあっさりと一太刀で3球斬られ、その後放水攻撃も車毎斬られて終了。茶番回。

武蔵は一体どこへ向かっているのか。眼帯の人を容赦無く殺した。本部に「試し合いでなければ」だの言われて、人を殺すのを厭わなくなったのだろうか。

現世で成り上がりたいだの勇次郎に言っていた頃は既に現代社会を理解してて、殺人ご法度なこの世の中で殺さない寸止め剣術で知名を上げる予定だったのやも知れぬ。

そう思って舐めプしてたら本部に負けた。挙句「本気だったらどうだったかねー」だの煽られた。自分に求められているのは戦国時代の無遠慮な殺人剣だと知り、徳川邸を去り今の蛮行に出ているのかも知れない。

そう考えると、本部以蔵はマジで余計なコトしたなとしか思えない。守護る言いつつ叩きつけただけじゃん。本気にさせただけじゃん。本部の言い訳を聞きたい。あの浮浪者、「武蔵と国家に追いつ追われつの繋がりが出来た。孤独ではなくなった」だの言い出しそうだけど。

■JINBA
女性ジョッキーとケンタウロスがコンビを組む競馬漫画。新連載予告では一番目立っていた作品。いざ第一話を読んでみた感想として、これは今後が楽しみな作品。こなれていない未熟な漫画であるが、それも含めて色々楽しい。

ケンタウロスのジンバの扱いがまず面白い。思考は人間なのに厩舎で馬と同じように生活している設定が出鱈目。悟空みたいな性格であっけらかんとしているから何の疑問も抱いていないようだが、その時点で人権侵害過ぎる。草を食ってる絵とか笑って良いのか分からないレベルだよ。

夢乃サラ、落馬して死んだ父の遺志を継ぎ騎手への道を選んだ過去を持つ気の強い女性というそこまでは割りとテンプレ設定。が、誰からも性的な目で見られてたり、現段階ではセクハラされる為だけのポジションになっている。そもそもジンバもポニーテールや胸押し付けで興奮しているし、背徳感しか無い。何かの間違いで人気作品になって同人誌描かれまくったら獣姦系のとんでもない本ばかり出そう。

■ハリガネサービス
え? 終わったの? 連載初期からの大きな壁として登場していた相手だったのでこれは少々拍子抜けという感もある。朧のトコとかウルワシのトコとかがやたらしぶとかったからその反動も含めてあっさり終わった感ある。

オリバみたいな監督、何を思うんだろう。チームワークを個人プレーが蹂躙するという、少年漫画にあるまじき展開が素敵だった試合だな。

■あつまれ!ふしぎ研究部
顧問登場。天然で済まされているが催眠術の人以上に策士かも知れないぞ。ホントに勘違いで自分がゾンビになったのか? 演技じゃないのか?

■サウエとラップ
この作者の描く女の子は相変わらず可愛い。いやまだ性格は可愛くないんだけどデレ見込んで既に可愛い。

■BEASTARS
ビルの上手さはひょいひょい嘘ついてその場を凌ぐってコトか。草食の血を扱う裏市そのものは存在するってコトだよな、この描写って。

色々とズケズケ言うルイは良いな。肉食草食の差異/特徴を誤魔化さないというのが種族間の溝を埋めるベストなのやも知れぬ。ちょっと違うが、アイシールドでヒル魔がチビだのデブだのハゲだの包み隠さず言ってたあの感じを思い出した。

■囚人リク
内海と組むのは周龍。因縁の組み合わせ。内海、怪しまれるようなコトしたっけ? 存在自体最初から怪しいけどさ。

■World閻d
最後の閻魔が可愛かった。それだけ。そこ(女の子の可愛い顔)勝負で行くしか、とか思ったがそんな漫画は溢れかえっているからなー。

■実は私は
朝陽、毎回頭下げてるような気がしてきた。こういう真っ向からの青春や感謝描写は読んでるこっちもこっ恥ずかしくなってくるよ。それでも親世代も卒業というシーンはちょっとうるうる来たがな。

■木曜日のフルット
巻末コメントで犬を飼い始めたと以前書いていたが、それが反映された初の回がこれだとは。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR